ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 志望動機・企業選びの軸
  4. 就活の志望動機の2つの側面
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 面接
  4. 就活の志望動機の2つの側面
就職ノウハウ
池田 信人
池田 信人
2013年7月16日

就活の志望動機の2つの側面

面接官
「当社への志望動機を教えて頂けますか?」

面接官

就活では、この質問を苦手とする方は例年多くいらっしゃいます。どう答えれば良いのだろうか?と悩んでしまうんですね。そこで今回は

「御社に入社したいんですよ!」

という志望度が高く伝わるような志望動機とはどのようなものか?についてお伝えしたいと思います。


志望動機の1つ目の側面

多くの学生は、志望動機の説明を求められる際に、自己分析などを通じて気づいた自分の軸をベースに話をされていると思います。

・自分を成長させたい
・社会の役に立ちたい
・感謝される仕事をしたい
・営業がしたい
・手に職をつけたい
・30歳でマネージャーになりたい
・発展途上国を助けたい
・尊敬できる人と働きたい

様々な軸があるでしょう。

このような軸に沿って志望動機を語ることには何ら間違いはないですし、もちろん、面接官もあなたの軸を知りたがっています。ただ、志望動機というものは2つの側面があって、自分の軸をベースに志望動機を語るということは、その1つでしかありません。必要な条件ではあるが十分ではないということです。

ではもう1つの側面とは何でしょうか?


志望動機のもう1つの側面

会社の理解をベースに語る志望動機。これが志望動機のもう1つの側面です。

・売上(利益)推移を知っている
・総合職であっても志望する部署や職種がある
・業界動向を押さえている
・中長期の方向性を知っている
・競合他社との違いを理解している

上に挙げたような会社の理解と紐づいた志望動機を語ることができると、面接官のあなたに対する評価は高まります。

たとえば、「Aさん、Bさん、Cさんが同じ会社の面接で志望動機を聞かれたと」いうシチュエーションにおいて、面接官はどの学生を採用したいか?を考えてみると、今回の話がイメージし易くなります。

面接官
「当社への志望動機をお聞かせ下さい」

Aさん
「御社の顧客第一という理念に共感し、志望しました」

Bさん
「私は、飲食店のアルバイトでリーダーを務めた際に、人を動かすのはルールではなく共通の理念であるということを実感していまして、働く上でも理念が社員に浸透している会社を重視しています。そんな中、御社においては社員の方々が理念を実践されていらっしゃる様子を感じ取ることができたので御社を志望度高く考えています」

Cさん
「私は、飲食店のアルバイトでリーダーを務めた際に、理念の大切さを実感していまして、その観点から御社に対しては志望度高く考えています。もし御社にご縁を頂けた場合はソリューション営業部において法人営業にチャレンジしたいと思います。その中でも特に、御社が中長期的な成長分野と位置づけていらっしゃるクラウドサービスに深く関わりたいという思いがあります」


いかがでしょうか?
それぞれ見てみましょう。

Aさんは・・・
言葉が足りません。「なぜ理念に共感しているの?なんで?」と面接官は思ってしまいます。

Bさんは・・・
自分の軸をベースに志望動機を語っています。理念に共感している理由を説明できている点は良いのですが、「他にも理念が素晴らしい企業はたくさんあるしねぇ、、」と面接官は疑ってしまいます。

Cさんは・・・
自分の軸×会社の理解をベースに志望動機を語っています。「ふむふむ、うちの理念に共感していて、具体的にやりたいこともあるのね」と面接官は心の中で頷くことでしょう。


是非、Cさんのように自分の軸×会社の理解で志望動機を語れるように、ご準備頂ければと思います。


(池田)

ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

http://www.jobweb.jp/post/a-26656
http://www.jobweb.jp/f/matome_shiboudouki?o=post&w=mpage29
http://www.jobweb.jp/f/matome_mensetsu?o=post&w=mpage31
http://www.jobweb.jp/go_info/showKoryakuList

池田 信人
池田 信人

株式会社ジョブウェブ マーケター

新卒で自動車メーカーに入社し社内SEを経験後、人材紹介のスタートアップを経て「人と組織の新しい関係」を支援するジョブウェブに入社。新卒紹介サービスの立上げ兼キャリアアドバイザーを務め、現在は、マーケター兼編集者として就活サイト「Jobweb」の運営を担当。

人がいいね!と言っています。
社会人の力を借りて、自己分析と仕事研究を効率化する、人力適職診断「インタレスト」。インタレストの適職診断は、社会人との45分間のオンライン面談(電話面談やWeb面談)。自宅から気楽にご利用いただけるサービスです。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!
関連する記事