ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 会社説明会
  4. 会社説明会で『服装自由』と言われたら本当に自由な服装で行っている? おおよそ100人に聞きました!
特集
就活コラム
2016年7月6日

会社説明会で『服装自由』と言われたら本当に自由な服装で行っている? おおよそ100人に聞きました!

就活中、会社説明会の案内でよく見かける「服装自由」という言葉。

「おお、自由なんだ、やったね!」

と、すんなり喜べると思いきや、実はこの「自由」に困っているという声、ちらほら聞きます。些細な問題だけど気になる。でもこんな些細なことにちょっとでも悩む自分がいやだ・・・。

そんな人も多いのでは?

ということで、今回は「服装自由の説明会の場合、スーツを着ていくか、私服で行くか」を学生の皆さんに聞いた結果をご紹介します(少し古い情報になりますが、今でも役立てられる内容です)。

ねこねこねこねこ・・・

<目次>
・「服装自由」と言われたら本当に私服で行っています?
・私服派のご意見
・スーツ派のご意見
・時と場合により選ぶ派のご意見
・まとめ

「服装自由」と言われたら本当に私服で行っています?

結果から見てみましょう。

質問
「よく説明会の案内で見る「服装自由」という言葉。服装自由と言われたら本当に私服で行っていますか?」

服装自由の場合どうするか

ご覧の通り「全てスーツで行っている!」が半数を超えますね。

「全て私服」という人は僅か4%。残りの41%は「時と場合によりスーツか私服か選んで行く」という結果でした。では、私服派・スーツ派・時と場合によって選ぶ派、それぞれの意見を見てみましょう。


私服派のご意見

まずは、全て私服派の意見。なぜ私服?

Aさんの回答
「あくまで自由であるから。」

Bさんの回答
「スーツできてほしいなら、あえて服装は書かないと考えたから。またリラックス出来る格好の方が気軽に質問できるから。」

Cさんの回答
「スーツだと暑苦しいし動きにくいので嫌。また、前後の予定の関係で大学に行くことがあったらスーツだと余計おかしく見える。しかも「服装自由」なのだから常識の範囲を超えていなければ全く問題ないと思う。」

ふむふむ。リラックスできるという意見、分かります分かります。スーツって窮屈ですよね。


スーツ派のご意見

続いて、全てスーツ派の意見。なぜスーツなんでしょうか?

Dさんの回答
「スーツを着用した方が気持ちが引き締まるため。」

Eさんの回答
「スーツの方が浮かないというのと、服を選ばなくて楽というのと、他の説明会にもそのまま行けるので。」

Fさんの回答
「服装自由でもスーツでいく人が多いようなので無難にスーツを選ぶ。」

Gさんの回答
「以前、「私服で参加」と書いていたセミナーに私服(ジャケット等)で参加したら、99%の人がスーツで参加していたので実際はスーツで行くべきなんだと感じたため。」

Hさんの回答
「やはり、常識的に考えて畏まった場所であるなら、スーツの方が礼儀的、マナー的、行儀に関してもいいからだと思います。もちろん企業側から私服でという指示がある場合は違いますが・・・。」

Iさんの回答
「初めてセミナーに参加した際、「服装自由」だったので私服で行ったところ周りの学生がほとんど全員スーツで非常に居心地が悪かったため、それ以降はすべてスーツで参加しています。周りもほとんどスーツであることが多いです。」

Jさんの回答
「就職活動だし、スーツの着こなしやハイヒールでの歩き方などに慣れておきたいから。そして、もしかしたら企業の方と話しできるチャンスがあるかもしれないので、しっかりした服装でいい印象を与えたいから。」

Kさんの回答
「一日に複数のセミナーをまわることが多いので、スーツで参加しています。」

無難という回答が多いですね。特にこういった(以下の)意見を見ると「確かにスーツが無難かなぁ」と感じます。

Lさんの回答
「以前「服装自由」と書かれた説明会に参加しました。司会の方が、「服装自由と記載しておりましたが大多数の方がスーツですね。社会に出る心構えがしっかり出来ているようです」というような事を言っていました。私服で参加された方が窮屈に感じる言い方でした。選考に関係あるとは思えませんし企業によりけりだとは思いますが、それ以来はスーツで行くのが無難なんだと感じるようになったためです。」

Mさんの回答
「ある企業の服装自由のセミナー(100人以上の中に私服は2人ほどしかいませんでした)で社員の方が「今日は皆さんに合わせてスーツで来ました」と話しているのを聞いて、社員の方は学生が「服装自由」といわれていることを知らないこともあるのだと感じました。」

うーん、ちょっとひっかけ問題というか・・・。


さて、ここまでは「私服派」のご意見と、「スーツ派」のご意見を見てきました。最後に、「時と場合により選ぶ」派の意見を見てみましょう。


時と場合により選ぶ派のご意見

なぜ時と場合(TPO)なのでしょうか?

Nさんの回答
「服装自由の強調度によって変えている。もし、ぜひ私服でお越しくださいあれば私服で行くようにしている。それ以外はスーツで行く。」

Oさんの回答
「服装自由の中にも業界や会社(のイメージ)によってカジュアルからフォーマルまで様々なニュアンスが含まれていると思うから。」

Pさんの回答
「ほぼスーツで参加するが、懇親会つき小規模セミナーや一ベンチャー企業のグループワークなど、気軽な雰囲気のものは私服で参加している。」

Qさんの回答
「社風に合わせるのが一番だと考えるからです。基本的にはスーツの方がマジョリティなので安心はしますが、社風を見て、私服のほうが合いそうであれば私服で行きます。」

Rさんの回答
「服装自由とだけ書いてあるだけならスーツで行きます。実際このときの説明会ではスーツ姿の学生しか見かけません。ただ、時々「服装自由」の他に「私服でお越しください」などと添えられている場合があるので、そのときは私服(ビジネスカジュアル)で行くようにしています。わざわざ「私服で」と言われているところをスーツで行ってしまうのも良くないのでは?と思うので。」

Sさんの回答
「他の会社のセミナーもあったりするので基本的にスーツで行きます。また、特に他の会社のセミナーがない場合でもスーツを着た方が気持ちの切り替えができるのでスーツで行く場合が多いです。たまに私服で行くことがありますが襟付きシャツ、ジャケット程度であまりラフな格好はしないようにしています。」

Tさんの回答
「企業の社風にあわせています。個性を大事にしているところなら私服で行ってます。私服が一番素の自分の色を出せると考えているからです。」

Uさんの回答
「会社によっては堅苦しさをなくすためにそう書いているから。その意図を汲んで私服で行くことがある。」

なるほどなるほど。企業の社風や説明会・セミナーの内容、私服の強調度に応じて変える、という方が多いようですね。


まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。意見はさまざまですが

・迷ったらスーツが無難
・私服なら、きれいめな服装(だらしない格好、露出の多い格好は避ける)

というのは暗黙の了解ではないかと思います。私が印象に残ったのは企業側の意図・社風を考慮するという意見。この心理、大事だと思います。

相手の事を思いやる姿勢、そこが素晴らしいなあと。

もちろん今後の選考のために慎重になるということもあると思いますが、スーツ・私服か迷ったときは「他の学生から浮かないか」「選考にマイナスイメージか」・・等々、自分のことを考えるついでに企業側(プレゼンターや交流会参加社員)にとって心地よいのはどんな服装だろう?といった視点も含めて考えてみるのも良いのではないでしょうか。

ちなみに

企業の方が本記事を読まれていらっしゃるのであれば「服装自由」というよりも「服装自由(ぜひとも私服でお越しください)」とか「服装自由(スーツはNG)」というような配慮を頂けると有り難いのですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

(Jobweb編集部)


<調査概要>
【調査期間】 2010年1月25日~2010年2月1日
【調査対象】 2011年度卒業予定のジョブウェブ会員学生
【有効回答数】 ジョブウェブ会員学生93名


ご案内

募集を探す
募集を探す
就活セミナーや会社説明会といった就活生向けの募集はもちろん、学年不問で参加できる海外インターンや長期有給インターンなどのスキルアップをする機会が豊富にあります。

業界研究
業界研究
就活生の多くが「やっていない」ことで、内定する人の多くが「やっている」こと。それが業界研究です。まずは興味のある業界のことを調べてみましょう。

選考対策
選考対策
大学受験と同じように就活においても対策できることはたくさんあります。エントリーシート選考や筆記試験。そして面接。自分に必要な対策を知り、選考に備えましょう。

就職ノウハウ
就職ノウハウ
自己分析や就活マナー、OB・OG訪問に代表される就活ノウハウに加えて、長期的なキャリア形成に関する情報や、ビジネスにも役立てることができる会計や法律の知識を含めた就職ノウハウを学びましょう。

企業研究
企業研究
志望している企業がある。興味がある企業がある。いろんな企業のことを知りたい。そう考える人に向けた企業の情報。それが企業研究です。

仕事研究
仕事研究
「就社」じゃなくて「就職」したい。自分が活躍できる仕事に就きたい。そう考える人に向けた仕事の情報。それが仕事研究です。

特集
特集
「素朴な疑問」「専門用語」「グローバル」「起業」「お金の話」「他の学生が何を考えているのか?」などの、多くの人が気になるテーマを特集しました。

人がいいね!と言っています。
コメント
パソコン初心者

面接に、Tシャツ、短パンで来た若者がいました。
で、能力が高いのが判って、即採用しました。

会社によっては嫌われるかも知れませんが、当社(タイムインターメディア)はまったく服装は無関係です。

2015/03/12 16:48
ログインすると、コメントを入力できます
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!
関連する記事