ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活準備
  4. 読書を就活対策として役立てる3ステップ+1
就職ノウハウ
就活コラム
2012年9月28日

読書を就活対策として役立てる3ステップ+1

「何だかやること多そうだなー。」

就職活動では自己分析に業界研究、選考対策などの準備にかなりの時間を要しますが、お勧めの準備としては読書が考えられます。読書は気軽にできる準備であり、就活という場面でも効果的です。

どうしてでしょうか?

「本はもっぱら食べる方ですね」

知識ではなく、伝え方の差

選考する側の話になりますが

読み書きの経験を積んでいる人か否か、というのは簡単に分かります。それはES(エントリーシート)の文章表現でも分かりますし、面接時のコミュニケーションでも分かります。

それは知識のある・なしではなくて、伝え方の上手い・拙いで差が出ます。具体的には、伝え方の上手い方の場合は

「文章構造がきちんとしている」
「冗長な表現がない」
「一文が短い」
「使っている言葉が的確」
「説明が具体的」
「質問の意図を汲んでいる」
「自分の考えを表現できている」

というような特徴があります。そして、この特徴は本を読む(何かを書く)経験を積んでいく過程で身に付くことが多いと言えます。


読む量と読み方

元マッキンゼーの波頭亮さんは

「就活対策のためには1ヶ月で新書を100冊読め。それで変わる。」

とおっしゃっています。それぐらい読書には価値があるということですが、読み方には注意が必要で、そのポイントは「つっこみ」にあります。書いてある情報を鵜呑みにせずに常に自分の意見と照らし合わせるスタンスが重要です。

具体的なステップを示しておきます。

1.なぜその本を読むのか、目的を宣言する
まず、自分に目的意識を植え付けます。

2.本を読みながら相手の主張を要約する
「著者は、つまり要は何が言いたいのか?」を考えながら読んでみましょう。

3.自分の意見を明らかにする
要約した本の主張に対して自分はどう思うか?まず Yes or No を決めます。次にその理由を考えて文字に落とします。慣れてきたら部分肯定・部分否定(この部分はYesだけど、ここはNo)で考えてみましょう。

可能であれば「4.ブログに書いて発表する」にも挑戦しましょう。人目にさらしフィードバックをもらうことで短期間で就活に役立つ力を獲得できます。ここで言う「人目」というのは3日後の自分でも構いません(文章というものは、時間を置くことで、自分が作ったものであっても他人のものであるかのように客観的に評価することが可能です)。

ちなみに、読む本に関しては(小説などは読み手の解釈による部分が大きいので)ビジネス書・科学書などのノンフィクションものが適しています。

ぜひお試しあれ。


(ジョブウェブ編集部)

ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

◆1. コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

◆2. 「就活の基礎知識」コラムまとめページ
今回ご覧頂いた「就活の基礎知識」に関するコラムだけをまとめたページです。プロスポーツ選手がまさにそうであるように、就活中においても、スランプに陥った場合は「基礎に立ち戻る」ことが極めて有効です。

◆3. 就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者によ る内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。

人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事