ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 調査報告
  4. 【調査報告】就活に対してストレスを感じていますか?(就職活動ミニアンケート)
特集
就活コラム
ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部
2017年3月31日

【調査報告】就活に対してストレスを感じていますか?(就職活動ミニアンケート)

就活サイトJobwebが「就活に対してストレスを感じているか」についてのアンケートを大学生を対象に実施した結果をご報告します。


就活に対してストレスを感じていますか?

【質問】
あなたは就活に対してストレスを感じていますか? かなりのストレスを感じている場合を10点とし、全くストレスを感じていない場合を1点とした際に何点になるか。最も当てはまる点数を選択ください。

【回答】
平均:6.87点
就活に対してストレスを感じていますか?
調査期間:2017/3/24~3/29
回答者数:62人(2018年卒学生)


就活に対してストレスを感じているのはなぜ?ストレスを感じていないのはなぜ?

【質問】
そのような点数をつける理由を可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】

7~10点を選んだ学生のコメント

・卒業研究が残っているので夏までには内定を取りたいと思ってはいるが、本当にそれまでに内定が取れるのかという漠然とした不安があるため。(10点)

・第一志望である会社からリクルーター面談の電話が来ないから。(10点)

・説明会のためにいちいちその場に出向いて、時間と場所を拘束されるのが気に入らない。実際に面と向かってやるのであれば、座談会だけにして、説明会はすべてオンラインでやってほしい。そして、アーカイブも見れるようにしてほしい。経団連が毎年情報解禁の時期をずらしたりしているが、そもそも守らなかったり、インターンとかの手段を使ってアプローチしてる会社はいっぱいあるんだから、そんな解禁の時期とか決めなくていいと思う。全部の会社が通年採用にしちゃえば、そんな情報解禁とかもいらないと思う。あと、会社ごとでESのフォーマットがいちいち違うのめんどくさい。就活サイトも数が多すぎてメールめっちゃきてうざい。全員がおんなじスーツ着て、おんなじような髪型してるのに、自己PRで個性を出せみたいな風潮も気に入らない。説明会の予約表をいちいち印刷させといて結局集めない会社もムカつく。400文字では書き切れない。(10点)

・考え過ぎてしまったり、1人で抱え込んでしまう傾向があるため。腹痛、頭痛、吐き気など体調不良になった。(10点)

・元々自分に自信が無いのにそれをさもあるように見せないといけないと思う事。実務経験も無いのに今までの経験が仕事で活かせると思えない事。スケジュールも就活の終わりも見えてこない事。(9点)

・実際に就職できるか不安に思うため。(9点)

・人生のファーストキャリアであるため、可能な限り多くの企業を見て決めたい気持ちが強い。その分多くの情報をインプットするため、その情報を処理するのが大変。また、いざ業界や企業を絞ったとしても果たしてここで本当に良いのだろうかという気持ちが湧いてくる。結果的に消えない不安を抱えながら一日中考え判断することの繰り返しになるため、かなりストレスに感じる。(9点)

・内定が一つも出ないのではないかという不安と戦わねばならないから。(9点)

・ゴールが見えないから。正解が一つではないのも大きい。また、勉強の様に、ただ取り組めば良い訳ではないのが難しい。(9点)

・スケジュールがきつい。業界を絞らなければ無限に説明会があるなかでESの締め切りに追われる。(8点)

・非通知の電話が取れないから。(8点)

・自分の好きなことや勉強する時間が減るため。(8点)

・ESが溜まっていて、いつも提出がギリギリになってしまい、納得のいくESが書けなくて選考に落ちてしまうから。(8点)

・気持ちとしては楽しみながら就活をしているが、面接で落とされることが増えてくると何がしたいのかが見えなくなってくるから。(8点)

・スケジュールが迫っていきている感じがしてプレッシャーに感じている。志望度合いが低い企業は受かるが、志望度合いが高い企業は受からない。(8点)

・ほぼ毎日どこかの企業の説明会など入っており、各企業の志望動機を考えることにも力を使うため。(8点)

・自分にあった職が分からない、また内定をもらえるか不安なため。(8点)

・毎日スーツを着て出かけるのが疲れるし、交通費、時間つぶしに入るカフェなどで出費が多い。忙しくESも書かなければいけないため、バイトや趣味、遊びに使える時間がない。今はまだ面接、選考はあまり始まっていないが、始まればさらにストレスを感じると思うので、現時点では8点とした。(8点)

・入りたい会社に内定もらえるかどうかの不安。(8点)

・複数社のエントリーシートを同時進行で書くため時間がかかることと、ほかの就活生を意識しすぎて疲れるから。(8点)

・私は外国人ですが、日本語が上手ではないですから、日本に就職するのは心配しています。(8点)

・今までやっていなかったことを同時にやらなくてはいけないからです。私の場合は、民間への就活、公務員試験の勉強、卒論、教育実習、大学の授業を並行して行わなければなりません。また、私は将来やりたいこともなく、かといって内定ゼロで卒業するわけにもいかないので、無理矢理にでも就活をしなくてはいけないということに対してもストレスを感じます。(8点)

・3年間頑張ってきた部活動に対して、就活の影響で時間を注ぐことができないので。(8点)

・内定をもらえるか日々不安です。今やってることが本当に次に繋がるのか、すぐに結果の出ない悩みがあります。(7点)

・志望業界、企業を絞れておらず単独説明会に行きまくりESに追われる毎日…、絞れていないせいでモチベーションもそこまで上がらず負の連鎖。(7点)

・就活そのものもストレスの素だが、並行して論文を執筆しており、休む暇も寝る暇も無い。(7点)

・今までは自分の生活は親からの援助もあり、学生という身分である程度守られてきたが、自分で仕事を探し社会人になるということは自分に対して責任を果たすようになるということになるから。(7点)

・地方在住のため説明会などに参加しづらく金銭面でも余裕がないため。(7点)

・未だに自分のやっていることが正しいのか分からないから。毎日単独説明会に参加し、ESを書いたりしているけれども、なんの結果も出ておらず、ほんとにこのままでいいのか悩ましい部分がある。あとお金も減っていく一方なので。(7点)

・これまでの準備が足りていなかったことで焦りがある。一斉解禁で、予定が一気に入ってきてつらい。(7点)

・就活を始めてから都内に出ることが多くなり、それに合わせて日程を決めた上で生活するためにアルバイトを両立しなければならないから。また、その間にESを書いたり、SPIを勉強したりと合間合間にどうやって時間を割くのがが肝になるから。(7点)

・内定が無くて心配だから。この業界で合っているか不安だから。(7点)

・やりたい業界や業種が絞れていないため、会社説明会に行った時など、周りの学生の業界に対する意識の高さに対して、自分の浅はかさが身に染みるので。また、周りのエントリー数を聞くと自分のは少ないのではないかと不安になり、エントリーを増やそうとするが、選考には説明会必須の中小企業が多く、満席の企業が殆どで落胆すること。(7点)

・ESやテスト対策、面接やグループディスカッション対策などとやる事が多いため、ストレスは一定数感じている。しかし、インターンシップや各種セミナー・座談会で、説明会の雰囲気や社会人の方とお話しする事に少しずつ慣れてきたため7点とする。(7点)

・面接の日程がかぶること、それに合わせたエントリーシートの提出期限にストレスを感じています。(7点)

・エントリーシートの提出や説明会など、実働時間ややることが多いことに加えて、内定が出るのか、自分が本当に適性があるのはどんな仕事なのかなど、将来への漠然とした不安があるため。(7点)

4~6点を選んだ学生のコメント

・毎日エントリーシートで寝不足になります。(6点)

・早期の選考があり、そこで落ちてしまった為、志望業界を広げて視野を広げる事を決めたから。(6点)

・ストレス自体は感じていますが、あまり深く考えないようにしているので6点です。(6点)

・まだあまり選考に進んでおらず、企業及び自分の進みたい業界などを選んでいる段階だから、そこまでストレスは感じません。しかし、時間が限られてることに非常に苛立ちを感じています。(6点)

・自分が書類選考などの段階で落とされそうな気がする。また、自分を企業がとってくれないかもしれないと感じる事がある。(6点)

・色々とやることが多いためストレスを感じことが多くなった。だが、耐えきれないというほどでもない。(6点)

・まだ就活を始めたばかりで、説明会やワークショップなどに参加している段階なので、夢を膨らますことができて、そこまでストレスを感じていません。しかしながら、これからどうなるかについては不安なので、ストレスを感じています。(5点)

・疲れもたまるが楽しい。(5点)

・就職活動の中で出会う就活仲間や楽しそうに仕事されている方の話を聞くのは楽しいし、わくわくする。純粋に内定への不安が大きい。(5点)

・やりたいことが決まらないのがストレス。(5点)

・ストレスを感じる部分がある一方、楽しめる部分もあるので5点としました。【ストレスを感じる部分】時間的拘束があること(エントリーシートの記入)、情報が氾濫していること(不必要なメールが大量に届く)、移動にかかる交通費や時間(地方学生はつらい)。【楽しめる部分】沢山の人と出会えること(優秀な学生や人事の方など)、自分の過去・将来を考えることができること。(5点)

・就活以外のやるべきことがおろそかになってしまっている。(5点)

1~3点を選んだ学生のコメント

・昨年の12月にインターンシップに参加した際に、リクルーターから接触があり特別な採用者として迎え入れようとしてくれたことがあった。自分のやりたいことをすべてではないが叶えられる会社であったため、今目指してる企業に落とされても大丈夫という安心感がある。(3点)

・色々な業界の先輩方の話を聞けるのは今しかないから、ストレスというよりも自分の人生をプランニングする良い機会ととらえている。(2点)

・就活にそれほど力を入れてないから。(1点)


「就活のストレスを解消する」上でお勧めの方法は?

【質問】
就活のストレスを解消する上で、あなた自身が実践している(または、先輩や友人から教えてもらった)お勧めの方法について、可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】
・違う業界を志望している友人にあって遊ぶ事。高校時代の友人に会う事。

・友達と定期的に飲みに行く。

・就活は「たったの3ヶ月」と自己暗示する。

・彼女に愚痴を聞いてもらう。

・バイトなども入れることによって息抜きをする。友達と積極的に話し、気分転換数とともに情報交換し合う。

・面接などの場数を多く踏むようにする。視野を広げて、様々な企業にエントリーしてみる。

・美味しいものを食べること。就活を経験した方の話を聞くこと。

・たくさんの企業について知るには、今の時期しかないと考えて何事も勉強だと捉えるようにしています。

・友達と出かけたり、ご飯に行ったりしています。ひとりでできることとしては、運動をしてリフレッシュをすることもあります。

・『就活はお見合いである』という言葉を先輩から教わりました。不採用になったからといって自分は駄目な人間だと落ち込まず、ただ相性が悪かっただけであると捉え、次の企業に挑戦するべきだと言われました。また、自分自身も企業との相性を見極めるべきだとも言われました。私はこの言葉を時々思い出し、就活に対する不安を和らげ、就活への原動力に変換するよう心がけております。

・おいしいご飯を食べる。

・「働く意味」といったテーマのビジネス書を読み自分の選択をよい意味で正当化できるようにする。判断した理由を自身で納得できるように説明出来れば、決めた道に対して心が決まり、悩みが軽減されるからである。

・瞑想。

・私が実践しているのはジムに通い汗を流すことです。やはり辛い時こそ汗を流すことで気分がリフレッシュされ、プラスな思考になれるからです。また、説明会の隣になった人と積極的に話したりすることもやっています。同じ悩みを共有することで、自分のやっていることの再確認もしています。

・カフェ巡りです。就活イベントの合間にカフェを巡ってリフレッシュすること。

・とりあえず寝ること。

・家族、友人などに話してため込まないようにしている。

・業界、業種が絞れていないことから沢山の企業を見ることが出来るので説明会等で企業のいい所を見つけ楽しむこと。また昭和の歌謡曲を聞くことで気持ちを落ち着かせること。

・お菓子を食べる。

・バイト先の社員に悩みを打ち明けたり、友達と飲みに行って情報を交換や将来の自分達について語りあったりした。他には気分転換にドライブに行ったりした。“人と話す時間”と“一人でいる時間”をどちらも作るように心がけている。

・おいしいものを食べる、友達と話す、ライブに行く(趣味活動)。

・家に引きこもらない。ESを書くにしても、場所を変えたり、友人と一緒に書いたりする。

・カラオケへ行く。友達と遊ぶ。岩盤浴へ行く。

・忘れて、遊ぶ。呑む。友達に愚痴を言う。

・独りの研究室で歌う,漫画「鬼滅の刃」を読んで優しい気持ちになる。

・友人と世間話をする、家族との時間を大切にする、アルバイトで気分を解消する。

・好きなアニメや映画を見ることと、友達と愚痴を言い合うこと。

・1日の内で数分でいいから就活のことを考えない時間を作る。

・友達と情報交換する。親に相談する。

・とにかく積極的に活動すること。

・お風呂で自己PRを話し、それに対して質問を想定して解答するなど、面接のシュミレーションをすると何もしないよりは気が紛れてストレス発散になります。

・適度に遊ぶことを心がけてます。

・なんでも話せる友人に会って、話をきいてもらう。

・実際に会社説明会に出向き、本音を相談してみる。

・ある程度、就活は就活だと割り切る事です。

・説明会に行く途中、本屋に入って旅行やグルメの雑誌を眺めることです。就活が終わったらここ行こうとか、モチベーションがかなり上がります。あとは大好きな映画を一本まるまる見るのではなくて、シーンを選んでちょこっと見る事。

・少しの時間でもいいので、湯船に入るなど就活のことを考えない時間を作る。

・とにかく人と話すことです。友人とお互いの近況報告をしたり、先輩から情報を聞いたりするようにしてます。

・爆食い。

・1日1回は笑顔になる。焦りを感じない為に、余裕を持って行動し、堂々とする。疲れた!と感じる時には湯船に浸かる。

・思いっきり食べる。飲む。喋る。

・就活を、人生の中で一番自分について考えることの出来る期間だと捉え、楽しむ。

・一番大切なことは、十分な睡眠時間を取ることだと思います。就活生の友だちと話して悩みを共有する、就活生でない友だちと世間話をする。移動中に爆音で一曲(Ed Sheeran のshape of you)を繰り返し聴く。

・スポーツなど別のことをして気分転換する。友達や家族と話して解消する。


■記事引用時のお願い
就職活動サイト「ジョブウェブ」調べ、と明記ください。WEB上での引用に際しましては本ページ(https://www.jobweb.jp/post/a-119486)へのリンクをお願い致します。


お知らせ

ジョブウェブでは、学生一人一人の就活に向き合い、応援するために、オンライン就活相談「インタレスト」というサービスを提供しています。

すでに何かしらの就活の悩みや相談事がある方はもちろん、今回の記事(コラム)の内容を踏まえて相談したいことや聞いてみたいことがある方も、ぜひインタレストの利用をご検討ください。

https://www.jobweb.jp/s/interest_intro



お勧めコンテンツ

http://www.jobweb.jp/post/a-26656

https://www.jobweb.jp/f/matome_research?o=post&w=mpage32

ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部

就活サイトJobweb(ジョブウェブ)の編集チームです。読者の皆様にとって、気づきや学びが得られるようなコンテンツをお届けすることが私たちのミッションですʕ·ᴥ·ʔ

Facebook: jobweb.page
人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事