ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活準備
  4. 就活のインターンシップに関する3つのFAQ(よくある質問)
ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部
2016年9月1日

就活のインターンシップに関する3つのFAQ(よくある質問)

就活のインターンシップに関する3つのFAQ(よくある質問)をご紹介します。



目次

【質問】インターンは、みんな参加するの?
【質問】なぜ、企業はインターンを実施するの?
【質問】インターン参加者は本選考で有利になる?


【質問】インターンシップは、みんな参加するの?

インターンシップへの参加は自由であり、本人の意思に委ねられるものです。

つまり、みんなが参加するものではありません。ですが、キャリタス就活を運営するディスコが実施した「【2017年度就活生モニター調査】インターンシップに関する調査」を見ると、インターンシップに参加する学生が多数派であることが分かります。

インターン参加経験 ※【2017年度就活生モニター調査】インターンシップに関する調査をもとに作成


インターンシップ参加者の割合は年々増えてきています。


【質問】なぜ、企業はインターンを実施するの?

企業がインターンシップを実施する目的は一つではありません。

・学生の職業観の涵養
・地域・社会貢献
・企業PR
・採用活動のための母集団形成

など、目的は多岐にわたります。ここで、ディスコが実施した「2017 年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査」を見てみましょう。

インターンシップの目的 ※2017年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査をもとに作成


インターンシップの目的は何か? という問いに「採用活動のための母集団形成」であると回答した企業は前年比で21.5ポイントも増えています(45.3%→66.8%)。「優秀な人材の採用(採用直結型)」であると回答した企業も前年比で6.2ポイントも増えました(25.6%→31.8%)。

インターンシップを「採用活動の一環」として位置付ける企業は明らかに増加傾向にあります。


【質問】インターン参加者は本選考で有利になる?

何らかの優遇を受けることができるという意味では有利になると言えます。

ディスコが実施した「2017 年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査」によると、インターンシップ参加学生に対しての何らかの優遇策を講じるとした企業は56.7%と過半数を超えています。具体的な優遇策は下図の通りです。

インターンシップ参加学生の採用での優遇策 ※2017年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査をもとに作成


さらに、インターンシップ参加学生への調査結果も見てみましょう。

ディスコが実施した「【2017年度就活生モニター調査】インターンシップに関する調査」では、インターンシップ参加学生の6 割強(62.3%)が何かしらの選考上の優遇を受けていたことが分かります。

インターンシップ参加後のアプローチや優遇の有無 ※【2017年度就活生モニター調査】インターンシップに関する調査をもとに作成


ただし、2つの図(企業のインターンシップ参加学生に対する優遇策と、インターンシップ参加学生が受けた優遇の有無・内容)を見る限りにおいては、

インターンシップに参加することで優遇されるのは、序盤の選考(書類選考や筆記試験、集団面接やグループワーク選考、一次面接)の免除などであって、中盤の選考(人事面接や部門面接)や終盤の選考(役員面接や最終面接)においてインターンシップに参加したことが有利に働く状況はそうそうないということが読み取れます。

つまり、インターンシップに参加することで「企業の選考基準が緩くなる」ということは基本的に無いということを心得ておくと良いでしょう。


お勧めコンテンツ

https://www.jobweb.jp/post/a-118734

ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部

就活サイトJobweb(ジョブウェブ)の編集チームです。読者の皆様にとって、気づきや学びが得られるようなコンテンツをお届けすることが私たちのミッションですʕ·ᴥ·ʔ

Facebook: jobweb.page
人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事