ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 【企業理念特集】カルチュア・コンビニエンス・クラブの掲げるコンセプトと、その実際
企業研究
2016年4月26日

【企業理念特集】カルチュア・コンビニエンス・クラブの掲げるコンセプトと、その実際

【人】がそれぞれの価値観を持っているように【組織】にも価値観があります。

その価値観は「企業理念」「経営理念」「ミッション」「バリュー」「行動指針」「コンセプト」として明文化されていて、企業活動のいたるところ(事業や戦略、組織の制度や風土、仕事内容)に影響を与えています。

そこで、この【企業理念特集】では「企業の価値観が、企業活動のどういった場面で体現されているのか?」という事例をご紹介していきます。

本コンテンツは、特に、言っていること(企業理念やビジョン)とやっていること(事業内容や仕事内容)にズレがない会社で働きたいと思っていらっしゃる方にお勧めの内容となります。

今回お届けする企業は「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」です。


カルチュア・コンビニエンス・クラブの掲げるコンセプト

まずは、カルチュア・コンビニエンス・クラブの掲げるコンセプトを見てみましょう。

CCCのコンセプト(カルチュア・コンビニエンス・クラブ 企業情報)

抜粋
“人は日常的な衣食住の生活に満足したとき、「自分のスタイルを探す」という自己実現を目指します。

例えば洋服を買うとき。

ただ「着られるもの」「着るもの」ではなく、私たちはデザインやブランドを比較してファッションを選びます。その基準は、「デザインが良い」「ブランドが好き」というだけでなく、その基準そのものが、「自分らしさ」の演出をするためのスタイルを表現する手段のひとつになっています。

ファッションは一例にしかすぎず、音楽、映画、本、旅行、料理、車、リビング、アート・・・と様々なシーンにスタイルはあります。

CCC創業時、モノを買う場所ではなく、スタイルを選べる場(インフラ)として「TSUTAYA」を作りました。創業から二十余年、私たちのライフスタイルは常に変化をしていますが、そのコンセプトに変わりはなく、常に時代に沿った文化やニーズに対応できるよう成長してきました。

CCCはホログラムのように変化する時代と私たちのライフスタイルに対して、店舗、オンラインサービス、カードサービス、One to Oneサービスなど、生活のあらゆるフェイズを通じ、「自分らしさ」=「My Style」を持っている人々へ、新しい「ライフスタイルの提案」をしつづけることで、「ヒトと世の中をより楽しく幸せにする環境=カルチュア・インフラ」をつくっていきます。”


ジョブウェブ編集部コメント
「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は何の会社なのか?」

CCCは「CDやDVDのレンタル事業をやっている会社」ではありません。「Tカードによるポイントサービスを運営している会社」でもない。CCCは「新しいライフスタイルの提案をし続けている会社」です。

CCCの事業ドメインは「生活提案」です。新しいライフスタイルの提案をし続けている会社として、生活提案の事業やビジネスを企画しているのがCCCです。

現在 CCCグループとして手掛けている事業は以下の通り。

■生活提案プラットフォームの企画・インキュベーション事業
商業施設企画などの企画設計と出店・運営
図書館企画並びに運営受託
カフェ・レストランの企画、運営

■生活提案の場としての「TSUTAYA」の企画並びにFC展開事業
TSUTAYAのフランチャイズ展開(フランチャイズ本部)
TSUTAYA直営店舗の企画設計と出店・運営
各種インターネット事業の運営

■出版、映像、音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業
映画、音楽ソフトの企画・製作
映画・ドラマ・MV・CM等の企画・制作
書籍・雑誌の出版

■データベースマーケティング事業
Tポイントプログラム運営
Tポイントの管理
データベース・マーケティングによるコンサルティング
データベース・マーケティングによるプロモーション企画

いかがでしょうか。

CCCは事業内容やサービスにこだわる会社ではありません。「新しいライフスタイルの提案をし続ける」というコンセプトにこだわり、変化する時代のニーズに対して、生活提案を企画していく会社です。

ゆえに、この価値観に共感し、コミットできる方にとっては、CCCは望ましい就職の選択肢となることでしょう。


カルチュア・コンビニエンス・クラブの実際

ここからは、カルチュア・コンビニエンス・クラブの掲げるコンセプトが実際どんな形で体現されているのか? その事例をご紹介していきます(事例は適宜更新)。

その企画がミライの名作になる! 「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」開催決定!(カルチュア・コンビニエンス・クラブ ニュースリリース)
抜粋
“TSUTAYAをはじめとしたCCCグループは、TCP(TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016)を通じて、新しいライフスタイルコンテンツである、まだ見ぬ映像作品をお客様へお届けし、同時に未来の映画業界を支える新しい才能を発掘していくことで、日本映画の発展と活性化に貢献してまいります。”

美術館で初!Tカードがチケットになる「Tチケット」 松岡美術館へのTチケット導入が決定(カルチュア・コンビニエンス・クラブ ニュースリリース)
抜粋
“CCCは、「アートのある生活」を身近に感じていただくための顧客価値創出を目指し、今回の取り組みを実施いたしました。今後もアートを通じたより豊かな生活提案を実施してまいります。”


(ジョブウェブ編集部)
人がいいね!と言っています。
KANDAI
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!
関連する記事