ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 調査報告
  4. 【調査報告】企業選びで「世間体(や親の意見)」って重要ですか?(就職活動ミニアンケート)
特集
就活コラム
ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部
2016年3月23日

【調査報告】企業選びで「世間体(や親の意見)」って重要ですか?(就職活動ミニアンケート)

就活サイトJobwebが、企業選びにおける「世間体(や親の意見)」の重要性についてのアンケートを大学生を対象に実施しました。

以下、結果をご報告します。


企業選びにおける「世間体(や親の意見)」の重要性は?

【質問】
あなたが、企業を選ぶ際に「世間体(や親の意見)」をどの程度重視されているでしょうか? 最重要視している場合を10点とし、まったく重視していない場合を1点とした際に、何点となるか? 最も当てはまる点数を選択ください。

【回答】
平均:5.69点
企業選びにおける「世間体(や親の意見)」の重要度
調査期間:2016/3/16~3/20
回答者数:70人


「世間体(や親の意見)」を重視する理由は?

【質問】
そのような点数をつける理由を可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】
7~10点を選んだ学生のコメント
・将来、結婚できるかに関わる為。(8点)

・気にすべきではないと思うが、やはり大学名につりあうかが気になる。サークルやゼミのOBOG会に参加する際に後輩から話を求められるような会社に入りたい。(8点)

・周りの人に自分の職業を聞かれた際、自信を持って企業の名前を言えるようにしたい為。その為世間にある程度知られている企業で、企業内容もしっかりしている会社に勤めたい。(8点)

・長く生きている親だからこそわかる世間的な常識や考え方があるから、ある程度はそれも考慮する。(8点)

・進学させてもらっているから。(8点)

・やはり、社会に出る段階においては、人の評価は気にせざるを得ない。それでも、やりたいことをやるのが第一なので、8とした。(8点)

・両親、また周りの友人が勤める企業のレベル、知名度を気にしているため。しかしながら、個人的にやりたい業務を扱う会社、風土の合う会社に勤めたいという希望もあり、その間ということでこの点数になった。(7点)

・親の意見は全く重視していないが、世間体は重要視しているから。(7点)

・自分のやりたいことが特にきまっておらず、親の進んで欲しい仕事先があるのなら、私はその道に進みたいと考えています。ですがある程度自分の中でもやりたくないことは絞れつつあるので、このような点数になりました。(7点)

4~6点を選んだ学生のコメント
・知名度よりも、自分自身の考えやマッチングを重視したいが、無名の企業よりも有名な企業の方が聞こえがいいのも納得いくから。(6点)

・就職して実際に働くのは自分自身であり、世間体に縛られていては自分の納得のいく企業に就職するのは難しいと思う。しかし、企業名や業界などで周りからの自分に対する見方が変わる部分も無いとは言えないためこのような点数とした。(6点)

・自分が行きたいと思ったところに行けばいいと思う。しかし、企業選びするにあたり失敗を回避するためにチェックするべき点を全てわかっているわけではないと自負しているので、ある程度参考にはする。(5点)

・親から少しでも認められたいから。自分の働く会社から自分自身を認めてほしいから。(5点)

・親からは、「ある程度名前の知られてる会社がいいな。会社名を聞いても何やってるかわからないようなところはやめてほしい。」と言われていました。しかし私は、有名ではない企業でも、優良企業や自分に合った企業があるのではないかと考えていました。そのため、中小企業も視野に入れて、説明会などに参加していました。初めて名前を聞くような会社でも、働いてみたいなと思えるものもたくさんありました。大手と中小での違いがあまりわからなかったので、周りの人から大手がなぜそんなにいいのか、人気なのかを聞いてみました。それは、給料がいい、安定している、福利厚生が充実しているといったものでした。それを聞くと確かにそれは大手がいいなと思いました。激務なのに残業代が出ない、きちんと評価される制度が整ってない、というのは嫌だと思いました。そのためなるべく大手企業に入りたいと思うようになりました。(5点)

・一般的な知名度は低くても、良い企業はたくさんあるから。職種に関しての向き不向きは、親の経験や親から見た自分の性格をもとにアドバイスをもらう事は有りだと思うが、企業に関しては親と大学の専攻も全然違うため、参考程度にとどめる。(5点)

・やりたい事よりも世間体を気にして、某大手企業に入った知人が耐えきれず転職したため、世間体がいいことと働き続けられるかは違うと感じたからです。(5点)

・CMや広告で知られない企業はたくさんあると思います。そんな中、世間体や親の意見を気にしながら自分の行きたい企業を探して、ここで働きたいという企業に入社できるとは思いません。しかし、世間体を全く考えずに、というのも違うと思います。あの大企業の下請けだからいいよね、などある程度安定していると感じることのできる企業は安心します。企業選びの際には、まず自分のやりたい仕事ができる企業を探し、ここで働いてもよい、と感じた時点で世間体を気にしたり、親の意見を聞くのがよいと思ったからです。(5点)

・基本的に自分の将来に関わることだから自分で考えることが当たり前だと思うし、自分で責任もって取り組む必要があると思う。しかし人生の先輩でもある親の意見やコメントも一理あると思うので、全く聞かないわけではなく、一旦聞いて受け取って、そこから自分の感覚で判断するようにしている。(5点)

・世間体を気にするかどうかは人それぞれだと思う。みんな価値観は違うので、世間体の感じかたも違う。なので、間をとって5点かなと。やはり世間体というか誇りを持って仕事をすると世間体は気にせざるをならないのかなと。(5点)

・自分自身プライドが高い部分があるため、周りから何かを言われるということはあまりないが、周りの目を気にしてしまう。(4点)

・評判はある程度気にしなければいけないが最終的な判断は自分の目で確認するべきであると思う。(4点)

・優良企業であれば世間体はさほど気にしない。(4点)

1~3点を選んだ学生のコメント
・自身の専攻がマイナーなこともあり、一般によく知られる有名企業への就職は難しいと考えている。それよりも、自身との興味関心との合致を重視しており、世間体に関しては意識していない。(3点)

・自分のやりたい仕事なら他の人の意見は特に気にならないから。ただ、自分のやりたいことができる企業はそれなりに評判もいいと思う。(3点)

・あまり気にしていない。結局そこで働くのは自分だから。ただ、参考程度にはする。(3点)

・世間体は気にしません。自分のやりたい事が出来るかどうかが最も重要だと考えるからです。また、親の意見は少しは気にします。親には今まで育ててもらい、感謝してもしきれない恩があるからです。しかし、自分のしたい事を成し遂げる事の出来る会社に就職したいという思いが強いため、私が入りたいと思った会社が親の意見に反していても、私はなんとしても親を説得しその企業に入るつもりなので、親の意見は多少重視しますが、そこまで重視はいたしません。(3点)

・家族のなかで民間で勤めた経験のある人がおらず、就職活動・企業で働くことについて詳しくない。よって強い意見を言われることもない。(2点)

・世間体を重視する気はないが、世間的にものすごく評判が悪い企業には就職したくない。(2点)

・有名な企業が必ずしも将来的に安定した企業ではないため。また、有名だから社会貢献をしている、成長に直結する訳ではないと考えるため。(2点)

・大学に入るにも1円も支援してもらっていないことや、あんたなら考えて決めてくるでしょうという親の思いがあるため。(1点)


あなたが考える「世間体の良い企業」の条件、親が考える「あなたに入社してほしい企業」の条件

【質問】
あなたが考える「世間体の良い企業」の条件や、親が考える「あなたに入社してほしい企業」の条件に関して、可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】
・福利厚生がしっかりしている、休みがしっかり取れる。

・一部上場しているかどうか、高収入かどうか。また周りの人に自分の就職先だと紹介して「すごい」と思われるかどうかがポイントだと考えている。

・社会的に認知度が高く、ある一定以上の業績がある会社。または、残業が少なかったり、福利厚生が充実しているなど、労働条件がよい会社。

・日本はもちろん世界に対して責任を持ち、一人一人が熱い使命をもって働いている大企業です。親が考える入社してほしい企業は、私に合っていて私が働きやすいと感じる企業です。

・知名度の高い会社が、私における「世間体の良い企業」です。

・企業内容が社会貢献と深く関わっているか。ホワイトな仕事内容、環境の会社かどうか。

・私→福利厚生がしっかりしている大企業、親→知名度が高い大企業。

・地元で有名な企業に入れば安心・親孝行という風潮は地元全体にある。名前の知れた大企業に入れば世間体がいいと考える。

・親が考える「入社してほしい企業」とは、知名度の高い企業だと思います。

・私は福利厚生が良く、3年以内の離職率が低い企業が「世間体の良い企業」であると考えています。いわゆるホワイト企業と呼ばれるものです。あとは給与が良ければさらに良いかと思っています。

・広く知られている大手企業。

・業界にもよると思いますが、少なくとも創業からの歴史が長くホワイト企業と呼ばれているような企業。

・商品やサービスによって、企業の名前が知られている。 not赤字化 ・歴史がある …など。 私の両親があまり企業名を認知しておらず、広く認知されている企業の話をすると話をより聞いてくれる。

・親は今後可能性のある企業に入って欲しいのだと感じます。先の見えない企業はやめた方がよいと言われます。

・ある程度有名で給与面、福利厚生が充実している会社。特に誰もが知っている企業であればあるほど、周りの尊敬の目が出てくると考えます。

・私の考える世間体のいい企業とは、まず世間に名の知れた企業であることです。もちろんbtobであまり名の知れていない企業や、中小企業でも優良企業は数多くあると思いますが、周りに就職先を話した時の反応を考えるとどうしても知名度を重視してしまいます。親が考える入社してほしい企業は、福利厚生面がきちんとしている企業だと考えます。やはり子供が働くにあたって、金銭面ややりがいももちろん大切ですが、一番重要なことは働きやすい環境であまり悩みを抱えることなく働くことではないかと考えます。

・事業の社会貢献性が高い。労働条件が良い。

・世間体の良い企業とは、一般人が企業の名前を聞いて、そこってホワイトだよね、とかあの分野で有名だよね、などと簡単に発言できるような企業のことだと思います。大企業の下請けなどは安定しているかもしれませんが、世間体が必ずしもよいとは限らないと思います。また、親が私に入社してほしい企業とは、夜遅くまで残業がなく、給料も良すぎず悪すぎず、休みがきちんととれる企業だと思います。やはり親は、子供が普通に暮らしていけることを望んでいると思います。

・自分では、それなりに名前の通った企業であること、また給与や待遇面が大きいと考える。 親は資格職で就職活動についてはあまり理解がなく、入れればどこでもよいと思っている。

・経営が安定している。

・大企業のように世間から注目されているようなところを親は希望し、注目度の高い企業はなぜか世間体が良いということになっている。自分もそう思っちゃう。

・世間で何をやっている会社かイメージがわく会社。売り上げが順調な会社。

・親は、公務員や銀行、公共事業などのような安定しており、残業もあまり多くなさそうな所に入社してほしいようです。

・やはり、社会にどう貢献している企業でどのような実績を残しているのかを考え、実際に貢献している企業が条件だと思います。

・大手・福利厚生に尽きるのではないかと考える。大企業でつぶれる心配もなく、自慢もできるような企業だと思う。しかし、大事なのは自分がいかに成長できるかであると考える。大手に入社したからといって勝ち組でもなんでもない。大事なのは自分がゼロから組み立てることができるか。そう考えると、個人に裁量権のある企業へ行く方が正しいのではないかと考える。

・知名度がある。グループ会社の親会社。

・親が考える「私に入社してほしい企業」は、給料が高く、我が子がここに就職したと自慢出来る企業であると考えます。


■記事引用時のお願い
就職活動サイト「ジョブウェブ」調べ、と明記ください。WEB上での引用に際しましては本ページ(http://www.jobweb.jp/post/a-118658)へのリンクをお願い致します。


お知らせ

ジョブウェブでは、学生一人一人の就活に向き合い、応援するために、オンライン就活相談「インタレスト」というサービスを提供しています。

すでに何かしらの就活の悩みや相談事がある方はもちろん、今回の記事(コラム)の内容を踏まえて相談したいことや聞いてみたいことがある方も、ぜひインタレストの利用をご検討ください。

https://www.jobweb.jp/s/interest_intro



お勧めコンテンツ

http://www.jobweb.jp/post/a-26656

https://www.jobweb.jp/f/matome_research?o=post&w=mpage32

ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部

就活サイトJobweb(ジョブウェブ)の編集チームです。読者の皆様にとって、気づきや学びが得られるようなコンテンツをお届けすることが私たちのミッションですʕ·ᴥ·ʔ

Facebook: jobweb.page
人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事