ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 業界・企業研究
  4. 【就活の業界研究】IT業界の仕事人「株式会社インテックで、大規模な基幹システム刷新プロジェクトの仕事に携わっている辻さん」
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 仕事研究
  4. 【就活の業界研究】IT業界の仕事人「株式会社インテックで、大規模な基幹システム刷新プロジェクトの仕事に携わっている辻さん」
業界研究
就活コラム
2015年7月21日

【就活の業界研究】IT業界の仕事人「株式会社インテックで、大規模な基幹システム刷新プロジェクトの仕事に携わっている辻さん」

働く人「業界の仕事人」の実際を知ることは、仕事のイメージを具体化することであり、それは立派な業界研究になります。

今回の「業界の仕事人」は辻 恵理香(つじ・えりか)さん。株式会社インテックで、大規模な基幹システム刷新プロジェクトの仕事に携わっている辻さん。その仕事の実際とは?

それではどうぞ。


◆文系でも"ものづくり"の仕事に携われる

もともとコンピューターに対する興味や専門知識があったわけではない。そんな辻がシステムエンジニアという仕事に関心を持つようになったのは、大学3年生の後期課程に入って始めた就職活動がきっかけである。

時は2008年の秋。就職戦線は氷河期の絶頂にあった頃のことだ。そうした厳しい環境の中でも決してマイナス思考にならず、「自分らしさを発揮してやっていける仕事は何か」と業界業種を問わずにあたっていったことが、IT・ソフトウェア業界との出会いにつながったのである。

「最初は文系出身者には縁遠いと思っていた〝ものづくり〟に携われることに惹かれました。たとえ派手さはなくても、縁の下の力持ちとして、自分が作ったシステムで人の役に立つことができる、システムエンジニアはとても魅力的な仕事だと思いました」

こうした思いを胸に抱いて応募したのが、理系・文系を問わず広く門戸を開いて積極的に会社説明会を行っていたインテックである。念願が叶い内定通知を受け取った辻は2010年4月に入社し、約200名の同期社員とともにシステムエンジニアとしての第一歩を歩み始めた。


◆お客さまの業務を深く知ることが大切

インテックの創業の地がある富山県の大山研修センターで一か月におよぶ新入社員研修を受けた後、辻が配属されたのは、入社5年目となった現在も所属しているSI事業本部である。インテックが販売代理店となって提供している統合業務パッケージの運用・保守チームの一員として加わることになった。

「お客さまからの問い合わせに応えたり、スポット的にお客さまへ伺ってトラブル対応やメンテナンスを行ったり、パッケージで不足している機能をアドオンで開発したり、運用や保守に関する幅広い仕事をこのチームで担当していました」

もちろん、何もかもが初めての経験であり、戸惑うこともたくさんあった。「あるお客さまからお問い合わせを受けた際に、問題の回避策を上手くお応えすることができず、とても厳しいお叱りを受けて落ち込んだこともありました」と辻は明かす。

それでもめげることなく、どんな問い合わせにも誠心誠意に応えることに務めてきた。結果、今ではその担当者さまからも大きな信頼を寄せてもらえるまでになったという。お客さまの業務を見直すにあたりパッケージの設定変更をサポートした際には、良好な成果に「ありがとう」というお礼のメールが届いた。「この仕事を選んで本当に良かった」と、辻が喜びとともに大きな自信を掴む出来事となった。

努力を重ねてきたのは、ITに関するスキルを磨くことだけではない。お客さまの業務に関する知識を深めるため、財務や会計などの勉強にも取り組み、独学で簿記の知識を取得した。

「お客さまがなぜお問い合わせをされたのか。一つひとつの言葉の裏側にある『本当に困っていること』や『一番望んでいること』を読み取って対応していくことが私たちの使命であり、そのためにも業務に関する知識をもっと深めていくことが必要だと強く感じています」


◆2年後のシステム完成に向けてワクワク感でいっぱい

そんな辻に新たな成長のためのチャンスが訪れたのは、2014年の年明け間もない頃のことだ。あるお客さまの基幹システムを全面刷新するにあたり、そのプロジェクトに辻が要件定義のプロセスから参加することになったのである。

ちなみに要件定義とは、これから構築しようとするシステムによって何を実現したいのか、どんな課題を解決したいのかをお客さまから詳しくヒヤリングし、それを実現するために実装しなければならない機能や達成しなければならない性能などの仕様を明確にしていくシステム設計の上流プロセスである。 システムエンジニアの中でも特に豊富な経験を積んできたベテランがあたっているこの仕事を、入社5年目の辻が任せられることになったのは、まさに大抜擢といえる。

「最初はそんな予定はまったくなくて、お客さまとの打ち合わせの場に議事録をとる係として呼ばれただけだったのです。そうした中で、お客さまが基幹システムと併用されているパッケージ製品を利用した会計や人事給与の業務に私が通じていたことを、評価していただけたようです」

プロジェクトマネージャーからの「やってみるか?」という問いかけに、「やってみます」と二つ返事で答えたことで、プロジェクトチームへの辻の参加が決まった。もっとも、このプロジェクトはサービスインまで2年強を要する大規模なプロジェクトであり、これまでの運用・保守業務とはずいぶん勝手が異なる。それでも辻は常に前向きだ

「本来こうした要件定義を担当するシステムエンジニアは、お客さまと対等もしくはそれ以上に業務を熟知したコンサルタントでなければなりません。私の場合、今までの保守業務で培ったお客さまの視点で提案していくことができる業務知識や、お客さまとの信頼関係の厚さをまわりの方々に評価していただいたことから、このような大役を仰せつかることになりました。わからないことはお客さまからも教えていただける、プロジェクトチームが一体となった中で育てていただけるという雰囲気があり、本当にありがたく思っています」

こうして加わった要件定義のプロセスは、約半年をかけて2014年6月に完了。10月にはシステムの大まかな枠組みを策定する「基本設計」のプロセスも完了する予定だ。その後は、機能レベルの仕様を策定する「詳細設計」から「プログラミング」、「テスト」へと進んでいく。もちろん、このすべてのプロセスに辻も積極的に携わっていく考えだ。

「私が要件定義から設計に携わってきたシステムが、きちんとお客さまの役に立つように最後まで責任を持ってやり遂げたいと思います。今はお客さまやプロジェクトチームの先輩方に付いていくことで精一杯ですが、2年後にどんなシステムができ上がるのか、ワクワク感でいっぱいです」

この貴重な経験を生かし、辻は将来に向けても基幹システムを極めていきたいと考えている。世の中の〝トレンド〟で言えば、Webやモバイル、アナリティクスを軸とした最新テクノロジーに関心が集まっており、基幹システムはそれほど目立った存在ではないかもしれない。

しかし、基幹システムは、その名のとおりあらゆる企業が必須とするビジネスの基盤である。「派手さはなくても、縁の下の力持ちとして、人の役に立ちたい」という辻の思いを体現できる世界なのだ。

「システムエンジニアといっても、必ずしも技術を追求することだけが成長の方向性ではありません。私は常にお客さまの側に立って業務のあり方を考え、一緒になって『困っていること』を解決しながら信頼関係を築いていくような、そんなシステムエンジニアになりたいと思います」

また、辻は将来結婚して、子どもが生まれてからも、ずっとこの仕事を続けていきたいと考えている。その意味でも、創業時からの「活躍できる女性社員が出産・育児で退職してしまうことは会社の損失」という理念のもと、業界に先駆けて出産・育児休業制度を整備するなど、仕事と家庭の両立を支援する人事制度を拡充させているインテックの職場環境は心強いという。

「システムエンジニアは、女性ならではの優れたコミュニケーション力やきめ細かな配慮を存分に生かせる仕事ではないでしょうか。チャレンジする人には、必ず大きなチャンスが開かれています」と、辻はIT・ソフトウェア業界を目指す女性たちに向けてエールを送る。


業界の仕事人プロフィール

辻 恵理香(つじ・えりか)さん

1987年生まれ。名古屋大学経済学部卒業。2010年入社。趣味はインテックに入社してから先輩の女子社員に勧められて始めたゴルフ。「もともと運動は苦手だったのですが、ようやくポールが前に飛ぶようになりました。なんとかコースも回れるようになり、ますますゴルフが楽しくなってきました。自然の中で一日中過ごすことができるので、とても良いリフレッシュになっています」


【就活の業界研究】IT業界まとめに戻る方はこちら

ご案内

本コンテンツの多くは、産学社の協力の元、産業と会社研究シリーズ「IT・ソフトウェア」という書籍の一部を掲載する形で作成しています。

産業と会社研究シリーズ_IT

◆産業と会社研究シリーズについて
就職戦線を戦い抜き、内定の栄冠を勝ち得るには「業界研究」と「企業研究」が欠かせません。本シリーズは業界研究書のトップブランド。

創刊以来、常に就職学生の皆さんに業界のしくみ・最新事情をわかりやすく解説し、しかも各企業の人事部から発信される「採用データ」「欲しい学生のタイプ」などホンネに迫る情報を提供してきました。

各巻の巻末に掲載する「企業データ」は各社の人事部に直接回答してもらっているもの。 初任給・賞与等の待遇その他も一目で比較することができます。

全国の主要書店・大学生協で販売中。
Amazonで注文される方はこちら


ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

◆1. コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

◆2. 【就活の業界研究】IT業界編
IT業界の業界研究に関するコラムだけをまとめたページです。

◆3. 就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者による内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。

人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事