ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活準備
  4. 成功したベンチャー企業の創業者はなぜお金持ちになるの?【就活に役立つ会計知識】Vol.8
特集
就活コラム
2015年3月23日

成功したベンチャー企業の創業者はなぜお金持ちになるの?【就活に役立つ会計知識】Vol.8

就活に会計知識はどの程度必要なのか?

この問いの答えは、就職活動というものの捉え方によって変わってきます。就活を志望企業に入社するための選考対策という狭義で捉えるならば、会計の知識はほとんど必要ないでしょう。

ですが、就活をビジネスパーソンとして活躍するための準備という広義で捉えるならば、知ってほしい、知っておくべき会計の知識はたくさんあります。そして、その会計知識は、結果的に狭義の就活でも役立てることができます。

三択問題のクイズ形式で、分かる、使える、【就活に役立つ会計知識】。

それではどうぞ。

富士山

※画面を一気にスクロールしてしまうと回答が見えてしまいます。どうかご注意ください。


問題

大金持ちになる一番確率の高い方法は、ベンチャー企業を起業して成功させることである、という話がありますが、それはなぜでしょうか?その説明として適切な回答を、以下の選択肢の中から選んでください。

<選択肢>
1:自分のお給料を自由に決められるから
2:会社創業時に出資した株から多額のキャピタルゲインが得られるから
3:会社の経費を自由に使えるから


解答

正解:2

<解説>
2014年に雑誌フォーブスが公表した日本の億万長者ランキングによると

1位 孫正義氏
資産1兆8,400億円 ソフトバンク創業者

2位 柳井正氏
資産1兆7,900億円 ユニクロ創業者

3位 三木谷浩史氏
資産9,300億円 楽天創業者

となっており、上位10名はすべて企業の創業者またはその一族になっています。このように、会社を創業し、その会社が成長すれば大金持ちになることができます。

では、なぜ、会社を創業し、その会社が成長すると大金持ちになれるのでしょうか。ユニクロ創業者の柳井氏を例に考えてみましょう!

柳井さんの年収は
約2億4,000万円程度

年間の配当金の受取額が
66億6,000万円程度

柳井さん保有のユニクロの株の時価が
9,863億3,700万円程度

となっています(2014年8月末時点)。上記からも明らかなように、役員報酬としての年収により大金持ちになっているのではなく、毎年の配当金と株の時価により大金持ちになっているのがわかります。

では、なぜこれだけ巨額の配当金と株式を保有できたのでしょうか。

柳井さんは、現在ユニクロの株式の21.67%に相当する、22,987,000株を保有しています。ユニクロの一株当たりの配当金が年290円、ユニクロの株価が現在約42,900円なので、

配当金:290円×22,987,000株
=6,666,230,000円

株の価値:42,910円×22,987,000株
=986,372,170,000円となります。

つまり、柳井さんは創業一族であるため、ユニクロの株式を多くを保有しています。もし会社の規模が1億円程度の価値しかなければ大金持ちにはなれませんが、ユニクロほどの会社まで成長すると、株の価値や毎年の配当金の金額だけで、とてつもない金額になるのです。

株を20%持っていれば、株の価値が、100億円の価値の会社で20億、1,000億円の価値の会社で200億と、どんどん大きくなっていきます。それに、毎年の配当金収入も加わるので、大金持ちになれるのです。

さらに、柳井さんの親族や資産管理会社がユニクロの株を保有していますので、親族全体で示すと、さらに柳井さんと同程度の財産を保有していると言われています。

ベンチャー企業の成功する可能性は1%にも満たないと言われますが、成功した場合にはこれだけの財産を築くことができるのです。

また、創業者でなくても、ベンチャー企業に就職し、自社の株を購入する権利であるストックオプションなどを付与され、数億円の財産を手に入れることも可能です。リスクの高いベンチャー企業ですが、成功すれば大きなリターンが帰ってくるのも事実です。

企業に勤めれば、年収も1,000万円稼げればいい方です(年収1,500万円以上稼いでる方は、全体の1%もいないのが現状です)。

だからこそ、リスクもありますが、欧米では、最も優秀な人は自分で起業するか、ベンチャー企業に就職し、自分で起業して成功するほどの能力がない人が、弁護士・会計士などの資格を取得したり、一流企業や金融機関・コンサルタントになるとも言われたりします。

日本ではまだまだ安定した(安定していると思われている)大企業への就職が人気ですが、大企業の安定した成長が不確実になるこれからの時代では、日本もそういう価値観に変わっていくかもしれません。


「三択問題のクイズ形式で分かる!使える!」【就活に役立つ会計知識】まとめに戻る方はこちら

作者プロフィール

国見 健介(くにみ けんすけ)氏のプロフィール写真
国見 健介(くにみ けんすけ)氏
東京CPA会計学院 理事/監査法人クラリティ パートナー/一般社団法人次世代戦略会議 代表理事

1999年公認会計士試験合格、2001年慶應義塾大学経済学部卒業。日本の教育をより良いものにするために公認会計士を目指す大学生の育成に尽力。人生のビジョンは「社会を担う志の高い若者に貢献すること!」、著書に「公認会計士の「お仕事」と「正体」がよーくわかる本 」(秀和システム)。

■学校法人東京CPA会計学院について
公認会計士の資格支援スクールとして日本で最初にできた歴史ある学校です。質の高い教材と講義により、公認会計士試験の大学在学中合格率46.6%(2014年度実績)を達成するなど、大学生を中心に高い支持を得ています。

CPA

興味の有る方はこちらから。


ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

◆1. コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

◆2. 「就活準備」コラムまとめページ
今回ご覧頂いた「就活準備」に関するコラムだけをまとめたページです。

◆3. 就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者によ る内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。


人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事