ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活準備
  4. 商品の価格はどうやって決まるのか?【就活に役立つ会計知識】Vol.7
特集
就活コラム
2015年3月16日

商品の価格はどうやって決まるのか?【就活に役立つ会計知識】Vol.7

就活に会計知識はどの程度必要なのか?

この問いの答えは、就職活動というものの捉え方によって変わってきます。就活を志望企業に入社するための選考対策という狭義で捉えるならば、会計の知識はほとんど必要ないでしょう。

ですが、就活をビジネスパーソンとして活躍するための準備という広義で捉えるならば、知ってほしい、知っておくべき会計の知識はたくさんあります。そして、その会計知識は、結果的に狭義の就活でも役立てることができます。

三択問題のクイズ形式で、分かる、使える、【就活に役立つ会計知識】。

それではどうぞ。

値段

※画面を一気にスクロールしてしまうと回答が見えてしまいます。どうかご注意ください。


問題

激安スーパーでは1.5リットル100円の炭酸飲料が、コンビニで買うと500ミリリットル150円するのはなぜでしょうか。その説明として適切な回答を以下の選択肢の中から選んでください。

<選択肢>
1:価格は会社が自由に決められるから
2:値段の差に相当する品質の差が必ずあるから
3:品質、地理的要素、利便性など様々な要因の需給のバランスで価格は決定するから


解答

正解:3

<解説>
まず、そもそも価格はどのように決まるのでしょうか。

経済学の話になるのですが、基本的には需要と供給のバランスで価格は決定します。買いたいという需要が多ければ価格は上がりますし、売りたいという供給が多ければ価格は下がります。

たとえば、震災等が発生した場合には、被災地において供給が追い付かないため、食料品や生活必需品の価格が上がります。これは供給に対して需要の方が大きいので値段を高くしても売れてしまうからです。旅行も同様です。夏休みや年末年始などは値段が高く、それ以外の時期では値段が安くなるのも、この需給のバランスが影響しています。

ですので、価格が決定する基本原則は、需要と供給のバランスで、両者が一致する価格に決定することになります。

また、その製品を独占的に供給しているような企業は価格を自分で好きなように決定できますが、多くのライバル商品が存在している場合には、市場で認知されている価格をベースに決定せざるを得ません。たとえば、缶コーヒーは市場に類似商品が多く存在していますので、急に1本500円という価格を設定しても全く売れないでしょう。

そして、需給のバランスに影響を与える要因は、以下のように「独占企業かどうか」以外にも色々あります。

■品質・ブランド力
たとえば、同じバックでも、シャネルやプラダといったブランド品は高いですよね。これは品質の違いもありますが「そのブランドの商品を持ちたい」と、消費者の欲求が高まるようなブランド戦略が背景にあります。

■地理的条件
たとえば、スキー場や遊園地の中では、飲み物や食べ物が高いということがあります。これも、入場してしまえば場外では購入できないという地理的要因によって値段が高くなっているのです。また、地方や外国産の商品は輸送コストがかかるため、都心では値段が高くなることもあります。

■利便性
たとえば、駅の売店などは利便性が高いので(購入の手間が少ないので)定価に近い値段でも販売できますが、駅から遠いお店などは利便性が低くなるため値段を安くしないと販売しづらくなります。アウトレットモールなどが人気なのは、利便性の低さ以上に、値段が安いからです。

ちなみに、アマゾンや楽天のようなオンラインショップは、利便性も高ければ、値段も安いため、市場が急速に拡大したとも言えます。


ここからは、本題である、激安スーパーとコンビニで飲料水の値段が異なる理由について説明します。

まず、一番大きいのが利便性の問題です。コンビニエンスストアは、いつでも、どこでも買えるという利便性を高めることで、ほぼすべての商品を定価で販売するという戦略をとっています。

そのため、スーパーなどに行く機会の多い主婦の方はコンビニで買い物をあまりしませんが、学生やビジネスマンなどのスーパーに行く機会が少ない人は利便性を優先してコンビニで購入する傾向があります。

また、品質も影響しています。コンビニエンスストアでは基本的には賞味期限に比較的余裕のあるものが多く売られている傾向にあるのに対して、激安スーパーでは賞味期限が近い(在庫処分対象の)商品を業者から大量に安く仕入れることで、定価よりも大幅に値引きして販売しています。


このように、価格の決定は品質・地理的要因・利便性などの様々な要因に影響を受けたうえで、最終的には需給のバランスで決定しています。価格決定の仕組みについて、基本的な考え方を理解しておくことは、ビジネス上でも、プライベートにおいて賢い消費者になる上でも、大切なことだと思います。


「三択問題のクイズ形式で分かる!使える!」【就活に役立つ会計知識】まとめに戻る方はこちら

作者プロフィール

国見 健介(くにみ けんすけ)氏のプロフィール写真
国見 健介(くにみ けんすけ)氏
東京CPA会計学院 理事/監査法人クラリティ パートナー/一般社団法人次世代戦略会議 代表理事

1999年公認会計士試験合格、2001年慶應義塾大学経済学部卒業。日本の教育をより良いものにするために公認会計士を目指す大学生の育成に尽力。人生のビジョンは「社会を担う志の高い若者に貢献すること!」、著書に「公認会計士の「お仕事」と「正体」がよーくわかる本 」(秀和システム)。

■学校法人東京CPA会計学院について
公認会計士の資格支援スクールとして日本で最初にできた歴史ある学校です。質の高い教材と講義により、公認会計士試験の大学在学中合格率46.6%(2014年度実績)を達成するなど、大学生を中心に高い支持を得ています。

CPA

興味の有る方はこちらから。


ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

◆1. コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

◆2. 「就活準備」コラムまとめページ
今回ご覧頂いた「就活準備」に関するコラムだけをまとめたページです。

◆3. 就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者によ る内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。


人がいいね!と言っています。
西川紀子(KIT連携推進室)
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事