ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活準備
  4. 内定が取り消される「一定の事由」、あなたは知っているだろうか?【就活に役立つ法律知識】Vol.14
就職ノウハウ
就活コラム
2015年2月6日

内定が取り消される「一定の事由」、あなたは知っているだろうか?【就活に役立つ法律知識】Vol.14

就活に法律知識は役立つのか?

法律の知識というと「とにかく難しい(六法全書を暗記するようなイメージ)」「法律知識があっても実際に使えないし、使う機会がない」と思われるかもしれません。

ですが、法律の知識は、実は、身近なものであり、日常の場面で役立つものです。そのことを知って頂くべく、皆さんにとって身近な「就活」というテーマで役立つ法律の知識を伝えていきたいと思います。

三択問題のクイズ形式で、分かる、使える、【就活に役立つ法律知識】。

それではどうぞ。

それは知らなかったと驚く女性

※画面を一気にスクロールしてしまうと解答が見えてしまいます。どうかご注意ください。


問題

「一定の事由」にあたることが発生したとき、内定は取り消される可能性があります。「一定の事由」は通常、内定通知書や、内定後に提出する誓約書に記載されているのですが、

ここで、問題です。一般的によく見られる「一定の事由」に当てはまるものを、以下選択肢の中から全て選んで下さい。

1:卒業できなかったとき
2:採用選考時に提出した書類に虚偽があったとき
3:会社の体面を汚す行為をしたとき


解答

正解:1と2と3

<解説>
万が一、これらの事由に該当すれば、採用内定を取り消される場合がありますが、必ず内定取り消しが有効になるのかいえば、そういうわけではなく、内定取り消しが社会通念上相当であることが要求されます。

社会通念上相当といえる「内定取り消し」となる例としては、ネット上で、自分のした犯罪行為を書いて、そのことが、内定先に知られてしまう、といったことが想定されます。

また、反社会的書き込みをしたことがきっかけでブログなどが「炎上」して、内定先に抗議が殺到すれば、内定取り消し事由に該当すると判断される可能性が高くなります。


「三択問題のクイズ形式で分かる!使える!」【就活に役立つ法律知識】まとめに戻る方はこちら

ご案内

本コンテンツは「法律事務所オーセンス」の協力の元、編集・配信しています。

従来のリーガルサービスの枠にとらわれない革新的で創造的なリーガルサービスの提供したい。法律をもっと身近なものにしたい。つまり、「就活中の学生の皆様にも、就活に関連する法律知識を伝えたい」という思いから本コンテンツが生まれました。

そのオーセンスでは、新卒採用を募集中です。募集ポジションは、「経営企画」や「ウェブマーケティング」「営業」「デザイナー」と多岐に渡ります。

法律知識の有無は関係ありません。大切なことは、法律をもっと身近なものにしたいというビジョンに共感できるかどうか。

ご興味のある方は「法律事務所オーセンス 採用情報」をご確認下さい。


ジョブウェブお勧めコンテンツのご紹介

◆1. コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

◆2. 「就活準備」コラムまとめページ
今回ご覧頂いた「就活準備」に関するコラムだけをまとめたページです。

◆3. 就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者によ る内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。

人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事