ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活コラム
  3. 就活スーツに似合う「お勧めの」メンズシャツ、そして、ネクタイ。
就職ノウハウ
就活コラム
ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部
2014年10月22日

就活スーツに似合う「お勧めの」メンズシャツ、そして、ネクタイ。

就活スーツ(リクルートスーツ)となると、スーツのことで頭がいっぱいになり、シャツやネクタイ選びが適当になってしまいがちです。

ですが、

面接で相手に与える印象は、スーツにシャツ、ネクタイといったコーディネートによって左右されるものです。どんなにスーツにこだわったところで、シャツやネクタイで失敗してしまうと、印象も宜しくない、ということになります。

そこで、今回、シャツ専門店でのアルバイト経験を持つジョブウェブインターン生が、お勧めのシャツやネクタイをご紹介します。


お勧めシャツ

襟型(襟の形)×色×柄 の組み合わせで、お勧めのシャツをご紹介します。

襟型
襟型は、レギュラー(写真1)、セミワイド(写真2)、ワイド(写真3)がお勧めです。
シャツ_襟型レギュラー
写真1. 襟型レギュラー

シャツ_襟型セミワイド
写真2. 襟型セミワイド

シャツ_襟型ワイド
写真3. 襟型ワイド


色は、圧倒的に白がお勧めです。白を選べば間違いありません。次点で薄いブルー(写真4)がお勧め。青色には「清涼感」や「清潔感」のイメージがあり、ビジネスシーンでも好まれています。
シャツ_薄いブルー
写真4. 薄いブルー


無地のもの(写真5)がお勧めですが、ストライプなどの柄が薄く織りこまれたもの(写真6)であっても大丈夫です。
シャツ_白色無地
写真5. 白色無地

シャツ_白色織柄
写真6. 白色織柄

まとめ
お勧めのシャツは、以下の組み合わせ(襟型×色×柄)になります。

襟型:レギュラー、セミワイド、ワイド
色:白色、薄いブルー
柄:無地、ストライプなどの柄が薄く織りこまれたもの


ちなみに、

シャツに関しては、同じサイズ表記でも、お店によって作りがそれぞれに違います。購入前に試着ができないか、店員さんに聞いてみましょう(試着ができない場合は、店員さんに適性サイズを相談するようにしましょう)。


お勧めネクタイ

ネクタイは、個性を分かりやすく表現できるゾーンです。スーツやシャツはオーソドックスにまとめて、ネクタイに関しては奇抜すぎないことという条件を踏まえつつ、好みの色や柄を選んでみましょう。

お勧めのネクタイは、レジメンタルストライプ(写真7)と、ドット・小紋柄(写真8)です。
シャツ_ネクタイ_レジメンタルストライプ
写真7. 白色無地のシャツ×レジメンタルストライプのネクタイ

シャツ_ネクタイ_ドット・小紋柄
写真8. 白色無地のシャツ×ドット・小紋柄のネクタイ


ちなみに、

ネクタイの太さに関しては、顔立ちや体系によってお勧めが変わってくるので、やはり、店員さんに相談するようにしましょう。

必要最小限守るべき就活マナー(就活マナー60秒講座の練習問題付き)に戻る
ジョブウェブ編集部
ジョブウェブ編集部

就活サイトJobweb(ジョブウェブ)の編集チームです。読者の皆様にとって、気づきや学びが得られるようなコンテンツをお届けすることが私たちのミッションですʕ·ᴥ·ʔ

Facebook: jobweb.page
人がいいね!と言っています。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。
関連する記事