ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活攻略
  3. 森ビル
  4. エントリーシート情報
  5. 森ビル内定者によるES(エントリーシート)情報(2017年度)
企業研究
エントリーシート情報
森ビル
森ビル

森ビル内定者によるES(エントリーシート)情報(2017年度)


ES(エントリーシート)情報では、「どのような設問があったのか?」「その設問にどう答えたのか?」という事実情報と、内定者による説得力のあるES(エントリーシート)アドバイスを掲載しています。

ES(エントリーシート)内容

Web提出(1)森ビルは、あなたのことについて知りたいと思っています。あなたを知る上で欠かせない、これまでの経験や具体的なエピソードを教えてください。(800字)

大学時代は体育会アメリカンフットボール部での活動に打ち込んだ。

私は、部活を不完全燃焼で終えてしまった後悔があったため、最後の学生生活で本気で打ち込めると感じたアメフト部に入部し、最終学年時には攻撃リーダーを務めた。

我がチームは3年時にⅠ部昇格を果たしたものの、リーグ戦で得点ができないという課題が生まれた。また昇格を支えた中心選手が引退し、新たな攻撃スタイルの構築が必要だった。

そのため、3年時の全試合を映像分析したところ、チームの層が薄く相手に中心選手を警戒された際にその分手薄になった他の選手が活躍できなかったことがわかった。それに加え、攻撃の種類の一つであるパスの成功率と得点力が比例することも見つけ出した。

パスの成功率の引き上げと、下級生が多く経験も浅いパスメンバーの育成が得点力向上に直結すると考えた私は、パスチーム全体の向上に注力した。

パスチームの課題として、パスに関するルールが曖昧な状態であり、下級生がルールの本質を理解できていなかったこと、理解したルールを体に覚えさせる取り組みが圧倒的に不足していることが挙げられた。その克服のため、ルールやコンセプトを明確に定め、チーム全体での意思統一を図った。

統一したルールを基に、勉強会や映像分析会を主催し、一つ一つのルールの本質をメンバーに浸透させていった。浸透させたルールを体に覚えさせるため、実戦形式のルール確認テストや実戦練習に取り組み、その練習毎に映像確認を用いた反省会を行い、洗い出した反省点を次の練習で改善する、といったプロセスを繰り返した。

以上の取り組みの結果、リーグ戦では育成に関わった複数の下級生が活躍し、前年の課題を克服した。パスの成功率が27%から45%に向上し、前のリーグ戦に比べて1試合の得点を平均10点上昇させた。

この経験から私は、自分が必要と考えたことに対して最後まで粘り強く取り組むことのできる人と考えた。

(2)あなたについてもっと知りたいと思いますので、さらに、2つの経験や具体的なエピソードを教えてください。(設問2-1.2-2のうち、1つは学業のことを中心にお書きください。)(300文字✖2)

ログインすると、記事の続きを読むことができます
Jobwebに会員登録すると、記事の続きを読むことができます。
森ビル
森ビル
森ビル内定者による【1】ES(エントリーシート)情報、【2】選考体験記(選考フロー/筆記試験・GD・面接の内容/選考アドバイス)、【3】就活体験記(自己分析・業界研究・企業研究の内容)、森ビルについての【4】評判(口コミ)情報のまとめページです。
人がいいね!と言っています。
関連する記事