ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活ブログ
  3. あっこさん
  4. 〜上市町地方創生夏合宿の振り返り〜

〜上市町地方創生夏合宿の振り返り〜


8/21~24に富山県上市町で行われた上市地方創生夏合宿~Kamiichi Challenge Program~に参加してきました。


□なぜ参加したか?

1年間の交換留学中に村々を訪れたとき、日本の村を何も知らないことに気がづいた。「人口減少」、「限界集落」という言葉だけが出てきた。思い出してみれば、以前ゼミで、都心から38km圏内の市町村が住民誘致に懸命になり「人口の取り合い」が発生している事を調べていた。地方創生は本当に正しいのかというテーマの本を読んでもやもやしていた。「地方創生」を自分で考えたいと思い参加を決めた。



□あっという間の4日間

”上市に外国人対応可能なゲストハウスをつくりたい”

(滞在施設少ないみたいだし、外国人観光客も好きになってもらえそうな自然や歴史が上市にはある!)

と、なんとなく思った。(思い出してみれば将来の夢の一つが「ゲストハウスをつくること」だった)

そこから空き家活用地域交流(地元率60%!)、日常×日常=非日常幸福度アップなどのアイディアを盛り込んだ新しい”場所”つくりというのが私たちの提案となった。


出会ったばかりのメンバーはバックグラウンドが全く違って、「何そのアイディア!」って思う事も、思わせてしまうこともたくさんあったけど、ふざけたり真面目になったりしながら2,3日目のあっという間に過ぎて行った。そして最終プレゼンテーションで町役場の方へ発表。私たちの提案を最優秀賞に選んでいただいた。


□得たこと

・新しい人種との出会い

バックグラウンドが全く違う人と4日間かけて何かを作るという経験が今までなかった。

国際協力…旅…平和…など関心が近い人と話す、同じ大学や近くの大学の人と話すことはあったけど、まーったく違う人たちと話すのは多くの発見とともにこんなに違うのか!と驚くことも多くあった。


・みんなでやること大切さと楽しさ

早起きも寝ないのもみんなでやろう!という気持ちから全然辛くなかった。もやもやする気持ちも思い切って伝えてみると簡単に受け止めてくれて、答えをくれた。何よりワクワクが倍増した。


・地域の人と話すのが好きだという気づき

カミールで、道端で、おばあちゃんと話した。心が落ち着いた。


・気持ちを大切に生きたい

ワクワクやどきどきを忘れずに選択をしていきたい。


□これから

・本当に”OPOハウス”作っていきたい

・上市へ定期的に行きたい(次回は滝に打たれたい)

・私なりの地方創生をこれからも考えていきたい。


4人のメンター、古野さん、町役場のみなさん、大変お世話になりました。

これからもよろしくお願いいたします。


仲間明子

趣味は書道、旅行、カメラ、インドネシア語。国際協力、交流に興味があります。将来の夢は国際機関で働くこと、日本と世界をつなぐビジネスを起こすこと。

人がいいね!と言っています。
森崎慎也
水野 裕太
はるな
シン
七海
嶋本順明
佐藤孝治
コメント
佐藤孝治

仲間明子さん 最優秀賞おめでとうございました。いい提案でした。

今回の合宿だけで終わらずに、今後に繋がる提案で嬉しかったです。僕も応援します。

---
これから
・本当に”OPOハウス”作っていきたい
・上市へ定期的に行きたい(次回は滝に打たれたい)
・私なりの地方創生をこれからも考えていきたい。
---

この夏合宿が今後に繋がるものになって、本当に嬉しいです。

2016/08/30 09:57
ログインすると、コメントを入力できます
Jobwebに会員登録すると、コメントを入力できます。