ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活ブログ
  3. 佐藤孝治さん
  4. 一度きりの人生、心を燃やして胸を張って仕事がしたい27歳独身男性
就活ブログ

一度きりの人生、心を燃やして胸を張って仕事がしたい27歳独身男性

一度きりの人生、心を燃やして胸を張って仕事がしたい27歳独身男性とご縁をいただきました。田中幸之介さんです。いまの現状を何とか抜け出したいと必死に頑張っています。彼を応援をしていただける方を探しています。


私と田中幸之介さんのご縁は「いいね!」をいただいたことから始まりました。

Unipos 代表取締役社長 斉藤知明さんが「Work Story Award」でUniposを2部門に選出されたというニュースと、有限会社セイワ工業の野見山勇大さんがデビュー作、会社を殺さないための「事業承継」の教科書 最高の代目は、いかにして完成するのか (きずな出版) が日経新聞に掲載され、ホリエモンを抜いたというニュースをみて嬉しい気持ちになりまして、そんな気持ちをフェイスブックに投稿しました。


e0d31438f103b7cd87430a0e2e833b29.png


この投稿にいいね!をもらって、こんなメッセージをお送りしました。



2018/12/07 6:31
佐藤孝治 おはようございます。いいねありがとうございます。

そこから対話が始まりました。

72b75f6b8aface3f18f35d60bddbc8bd.png


メッセージをやり取りしてわかったことは・・・


  1. 9月から転職活動をはじめた

  2. 11月に不動産会社を退職した

  3. これまでに企業70 社に応募した

  4. 15 社の面接をしたがお見送りの連絡が続いている

  5. キャリアアドバイザーから、年齢に対して、実績がたりていないことと、ロジカルに話す能力とコミュニケーションが足りないというフィードバックをもらった

  6. 新卒から営業職として従事してきた

  7. プライドをもって営業をやっている方たちの姿がかっこいいと思いあこがれていた

  8. 自分の中で、営業がやりたい仕事だと思えなくなってしまった

  9. そして、どのような仕事を自分がやりたいのかわからなくなってしまった

ということでした。

そろそろ結果を出さないと、色々と厳しいという状況だとお聞きしたので、すぐにZoomで面談をしました。


70 社に応募して55社書類で落ちてしまうということは、これまでの経歴をみて、お会いする前の段階で落とされてしまっていることがわかります。せっかくやる気を持っていても、スタート台に立たせてもらえないという状況になってしまうのです。これまでも、普通の人と違うパターンで動いてしまった人が、新卒でも中途でもない枠組みに入ってしまって就職活動が全くうまくいかなくなってしまった人がいました。人と人の繋がりの中で自分のことを応援してくれる人を増やすことで、状況を突破していくのがとても大事だとその時も思いました。


【ユーザー紹介】インド修行を経て2016年4月入社を目指す同志社大学既卒生の西岡功貴さん「将来海外を舞台に働くという夢」の実現を目指して既卒で就活中


インドインターンから帰国後に既卒就活をしていた西岡功貴くんのその後をお聞きしました


ということを思い出しながら「 15 社の面接をしたがお見送りの連絡が続いている」状況を打破するために、「まず、自分のことを出し切ってプロフィールを書こう。そして、自分を応援してくれる人と会おう」ということをスタートしました。「プロフィールを書いて送ってください」と伝えたらすぐにこんなプロフィールが送られてきました。


【フォーム】田中幸之介さんにお会いいただける方からのご連絡をお待ちしております。



田中幸之介たなか こうのすけ

新卒で防犯カメラの会社に入社。営業を希望していたが営業ができなかった。営業に挑戦するために、比類なき高退職率の投資用不動産販売会社に転職しました。そして今、自分の命を燃やす場所を考え直して退職をしました。独身 27 歳男子。平成3年9月26日この世に生を受けました。幸之介は、松下幸之助さんを尊敬している父親から頂いた名前です。埼玉県入間市出身。高田馬場在住。 



大学生活

田中幸之介の仕事のはじまりは、大学時代のアルバイトです。 店長以外全員年上の女性というメンバーのうどん屋でホールのアルバイトをし ました。人数が少ない中、他店舗の中でもトップクラスの売上で人手不足の店舗にとって要領が悪かった自分には四苦八苦しながら接客をして怒られない日 はありませんでした。卒業する時には、パートのおばちゃんからも「よく辞めないで続けていた」という言葉をもらうほど、仕事のできが悪くても粘り強く 続けて他店舗の応援に行けるほどになりました。


しかし、大学生活は、高校三年の 12 月に先生とトラブルを起こし、センター試験 週間前に、理系から文系に転向して、付属校から、系列大学に大学受験をし て進学しました。系列大学に行く人は滅多にいない中で、大学受験をして進学したので、みじめな気持を抱えつつの大学進学で、友達も作れませんでした。 学内では、ほぼ一人でいました。 そんな失敗ばかりの自分を変えたくて、いろいろな危ない商材に手を出しては 間違えてしまいました。とにかく、変わりたいと思っていろいろなものを見ていた大学生 活でした。


就職活動


就職活動も大学年生の月から動きだし、いろんなイベントに参加をするが コミュニケーション能力が高い人たちに物怖じしてしまい、なにを話していい のかわからず、参加しただけのイベントにしてしまいました。 そんな中、やはり自分の名前をもらった創業者が作ったパナソニックが好きで 行きたいと思い、会社説明会に参加し、熱い社員の方々に出会いました。パナソニ ックの支社がある神奈川県鴨井駅の焼肉屋さんで熱い社員の方とお話をした時にお聞きした「パナソニックは滅びることはない」という言葉が印象に残っています。パナソニックへの入社を目指して就活をしていましたが、実現しませんでした。


就職活動は、自分の大学生活には失敗が多く、とにかく隠したくて、就職活動の対策本を読んでそれをそのままやっているような個性になっていました。本当の自分を隠していたように思います。 そのため、大学を卒業する寸前まで就職先が決まりませんでした。中学時代の 友人が卒業旅行に行くのをSNSで見る中、100 社以上に応募をして届くのはお見送りの連絡ばかりでした。

ファーストキャリアはパチンコ店に防犯カメラシステムを営業しているメーカー 

しかし、卒業間近にパチンコ店に防犯カメラシステムを営業しているメーカー から内定をもらい入社をすることができました。卒業間近だったのでその会社でいいのかと選べる立場ではありませんでした。どこの会社に行くかではなく、とにかくどこか会社に入社をして、一人前になろうという気持ちで入社をしました。


そんな強い気持ちで入社をしたのですが、色々と悩むことがあっても、同期がおらず、気持ちがついていきませんでし た。やさしく数多くのことを教えてくださった先輩の期待にも応えることができず、 出来が悪くて未熟でしがみついている自分に退職勧告が来ました。 社内での信頼は、底なしに落ちてしまいました。このままではだめだと思い、転職活動をすることになりました。

投資用不動産の売却に特化した会社に転職


転職活動をする時に、自分に営業力をつけたい。生きていくための力が欲しいと思い、自ら営業機会を作っていける人材広告の会社などを中心に転職活動を行いました。電話営業で営業力を培うことができるという点と、社長に惹かれたということで、投資用不動産の売却に特化した会 社に転職をしました。 4ヶ月前に入った先輩と1ヶ月前に入社をした先輩がいました。 入社をした時に同期が3人いました。しかし、1人は翌月に退社し、もう1人は体調を崩し退職をしました。また、この会社を自分が退職するまでに入社をする人が数多くいましたが、退職者が増えていくばかりで社員数は増えませんでした。自殺未遂をする先輩も現れ、残 った人たちで手を取り合い、必死に売上を作る日々でした。


営業で実際にやることは、10 年前、社長が前職の会社から持ち出した東京都内に投資用のワ ンルームマンションを所有されている方の電話リストに電話をするか、他社が売却活動している物件から所有者を割出し、その売却活動している価格から1 割引した金額と購入希望者がいると書いたDMを送付し反響を頂き、売却する 物件の数を増やし不動産会社に卸していくという営業でした。

電話リストは、10年前のリストということもあり、すでに電話がつながらな い方や、何度も不動産会社からお電話頂いて不動産会社からの電話に辟易して いるお客様ばかりでした。そのため、電話では売却依頼を獲得することが難し く、DMで反響があるお客様からは、本当に購入希望者がいるのかという疑問 を持ちつつの反響でしたが購入希望者はいないので私は買いたいお客様がいると信じてもらい、情報を聞き出していました。 休日もお客様の対応が遅くなり、2度目の電話があれば怒られるため。 休みの日だからといって、落ち着いて映画館で映画を見る時間はありませんで した。 電話での営業なので、情報を聞き出したお客様には、後日案内をしたことにしたと偽り、購入を見送ることになったということを伝え、別の買いたいお客様 に紹介するとお伝えし、関係性を深め契約を取りまとめていました。


そこでは、どんなトークをすればいいのか、売れている先輩のトークを聞いて真似をして ノウハウを増やしました。 人もなにもない中、24 時間 365 日、投資用不動産というライバル企業がひしめ き、明日になったらライバル企業で契約をされるということがある中、言葉一つで、必死に自社の利益を追いもとめる日々。営業活動をしながら、DMをつ くり、契約書等を作成し、目の前の仕事を必死に積み重ねました。


しかし、いくら仕事をしても思うような結果が出せませんでした。私はクロージングが苦手でした。営業にはつの自信が必要だといわれています。自社を胸を張って説明する自信、自分への自信、商品がお客様の役に立つ という自信。それらを持ちあわせていませんでした。 その為、クロージングになると、先輩がクロージングをして売上をつくる。そして、その売り上げの中からインセンティブをもらえるように割合を渡されて、 顧客は獲られていました。


この会社の営業とは、利益を上げる人。会社が勝つ営業をする人です。 権利を主張するには、義務を果たさなければいけない。 会社は利益を追求する集団でした。 このことを、経営者方々が参加している飲み会に一般開放枠の枠に手を上げ て参加して、この気持ちを口にしたら、同業者の社長からは、しょうもないといわれ、同業者ではない会社の社長からはそんなことなら辞めてしまえという 回答でした。しかし、ストレスですり減っている自分には、自分であるだけで精一杯でした。


仕事とはなにか。営業とは何か。成功とはなにか。 その言葉を営業の社会的地位向上を目指している営業コンサルタントが主催し ている勉強会や、経営者のSNSを見て自身のミッションに向かった姿をみると、いったい自分はなにをやっているのかわからなくなります。そんな中、結果が出ない自分は、2018 年5月に部署移動することになり営業から外れてしまいました。 営業じゃなくなっても、会社に役に立つことを心がけ、自分を動かしていましたが、それも今年の 2018 年9月まででした。 仕事で失敗をしてしまい、その問題を突き詰められ、自分が壊れてしまいました。1週間後に自分が復帰した時には、部署の名前が変わっており、給料も変わりました。


一度きりの人生、ただ生きるために時を過ごすのではなく、心を燃やして、胸をは って仕事がしたい


9月に 27 歳になり「自分には何があるだろうか」と 自分自身に問いかけても、残っているのは、ひたすら仕事をした日々と 事故投資自己投資をして残った借金ばかりでした。 このままではいけないと思い、転職活動を始めました。 9月から転職活動が始め、70 社に応募し、そこから 15 社の面接をしましたが、お見送りの連絡ばかりでした。 頂くフィードバックは、年齢に対して、実績がたりていない。 ロジカルに話す能力とコミュニケーションが足りないという言葉でした。 中途を求める企業は実力者を探していることは、重々承知していました。 自分も実力者を企業が求めることをわかっていたからこそ、そこにあてはまる ように、採用してもらうために、言葉を言い回し自分を提案していましたが、 それはだれかの言葉であって自分の言葉ではなく採用には届きませんでした。


しかし、ここで終わりたくはないです。 それだけは、確かなことです。 だから、あがきもがき、もっと生きたいです。SNSや、同級生の状況を聞けば惨めになるが、 そんな惨め自分も受け入れて、今一度、立ち上がりたいです。 現実は、想定通りには行かないことばかりです。今、貧困層の真ん中にいます。自分に残っているのは20代という若さだけです。 一度きりの人生、ただ生きるために時を過ごすのではなく、心を燃やして、胸をは って仕事がしたいです。 今、背水の陣ですが、このまま崖を落ちるわけにはいかないです。 やり抜いて次のステージで燃えたいです。私のプロフィールをお読みいただき、ありがとうございました。

以上、田中幸之介たなか こうのすけさんからいただいたプロフィールです。


田中さんの「一度きりの人生、ただ生きるために時を過ごすのではなく、心を燃やして、胸を張って仕事がしたいです」という言葉に共感しています。そういうステージを見つけてもらうために全力で応援したいと思います。田中さんがちゃんと自分らしく生き生き働ける社会にしなければならないという気持ちが高まっています。


 プロフィールをお読みいただき、ぜひ会って応援したいという方がおられましたら、以下のフォームからご連絡をいただければ幸いです。こんなメッセージをもらいましたと本人にお伝えします。ご本人から連絡をしてもらいました。1週間以内になんらかのお返事をさせていただきます。諸事情により全ての方とお会いできない可能性がございますが、ご了承いただければ幸いです


【フォーム】田中幸之介さんにお会いいただける方からのご連絡をお待ちしております。


 


私は社会人のキャリア支援しています。自分らしく生き生き活躍する人が増えたらいいなと願っています。

ジョブウェブの社会人のためのキャリア支援をご活用ください。キャリア開拓時代の自己分析講座「ルーツ」にご参加ください。今後の予定はこのようになっております。ぜひご参加ください。



1月9日(水)19時から21時 @Webセミナー
1月22日(火)19時から21時 @Webセミナー


キャリア開拓時代の自己分析講座「ルーツ」
https://jobweb.formstack.com/forms/roots_for_cp_1812


オンラインでお会いできることを楽しみにしております。



7fc6b39b31fcfcf658719cdb73864d3b.png


 


【フォーム】田中幸之介さんにお会いいただける方からのご連絡をお待ちしております。

人と人を繋ぎサポートするコンサルタント。起業家・インタビュアー・メンター・作家・研修講師・和太鼓奏者。株式会社ジョブウェブ 創業者・代表取締役会長

人がいいね!と言っています。
社会人の力を借りて、自己分析と仕事研究を効率化する、人力適職診断「インタレスト」。インタレストの適職診断は、社会人との45分間のオンライン面談(電話面談やWeb面談)。自宅から気楽にご利用いただけるサービスです。
コメント
コメントはまだありません。
ログインすると、コメントを入力できます
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!