ログインしてより便利に! 閉じる
いまお持ちのアカウントで簡単登録
ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
  1. トップ
  2. 就活ブログ
  3. 佐藤孝治さん
  4. なぜ無名の新人だった徳田博丸さんは吉本新喜劇の脚本家・演出家になれたのか
特集

なぜ無名の新人だった徳田博丸さんは吉本新喜劇の脚本家・演出家になれたのか

お笑いをつくることが苦しくて苦しくて、お笑いがでけへんかった。


役者をやっていて全然お金にならなかった。でもこの世界にいたいからお金が欲しいなとずっと思っていた。出るのも裏方も同じやろと思って、裏方にまわったんです。そこで、いろんなことを仕事としてやって行ったんですが、お笑いをつくることが苦しくて苦しくて、お笑いがでけへんかった。苦しくて仕方なかった。


でも、ドキュメンタリーとか番組の構成を考えるのが好きだったし得意だったんですよね。1本やるごとに、役者をやるよりもお金が多かったので、数千円が2万円になるくらいです。じゃあ、そちらを一生懸命やろうとなってやりだして「芝居やっていたやろ、芝居っぽいこと書いてくれへんか」から始まって、「芝居できるんやったら」ってなって、吉本新喜劇ですよ。


bafe759a3abd310a9f855b3e5fb74063.jpg
脚本家・演出家・放送作家・アクトコーチ・企業研修講師・コミックバンド「こひごころ」ボーカル 吉本新喜劇の脚本演出。「徳田博丸主催演技勉強会」主宰を。「やお80”映画祭2016」の実行委員。


若手作家15人位集められて、吉本新喜劇書き方講習会がありました。


ー吉本新喜劇を初めて書く時は、それまでは実積ないですよね。誰かにお前やってみろと言われたのですか。


若手作家15人位集められて、吉本新喜劇書き方講習会がありました。呼ばれた人間ばかりでやってました。そこで、毎週2本づつプロット、あらすじを書いてもっていくんですよ。書いて持っていって、2時間くらい会議室でみんなで意見出し合って話をすると一日5000円づつくれたんですよ。ほっておいても月2万円になるじゃないですか。ただ、ラッキーと思って、行っていたんですよ。ただ、5000円欲しかっただけで行ってました。


72daa85204cb32d3030de1debfb23e06.jpg


喜んで台本書いて持って行ったら全部座長からアウトを食らうんです。


ー他の14名の方って残っている方いるんですか?


全然いません。2ヶ月やって最終的に残ったのが、二人だけだったんですよ。二人しか残らなかったです。やった、書けると思って、喜んで台本書いて持って行ったら全部座長からアウトを食らうんです。


ー当時の座長は誰ですか。


内場勝則さん、辻本茂雄さん、吉田ヒロさん、石田靖さんです。台本を仕上げて、明日幕が開くという日の晩に「こんなんできるかーーー」と言われて全て台本を捨てられるんです。そしてその場で座長が口立てでセリフを「だだだー」っと言って、1本40分の話を創りはるんです。


続きは音声でお聞きください。

音声 なぜ無名の新人だった徳田博丸さんが吉本新喜劇の脚本家・演出家になれたのか

347da17494952854d744578ac8c0307c.jpg


聞き手小原 響 

東大阪市石切の工務店輝建設2代目社長。築260年の古民家が事務所兼モデルルーム。木の家の新築、大規模リフォーム、古民家再生、薪ストーブ、OMソーラーなどを手がける。


株式会社ジョブウェブ代表取締役会長。学生の就職支援と企業の採用支援を通じて、学生と企業の本音コミュニケーションをサポート。著書に「<就活>廃止論(PHP出版)」「内定の原則(英治出版)」等。

徳田博丸さんがインタビューをした音声「20年後の自分を想像するヒント。3人の43歳(小原響×徳田博丸×佐藤孝治)が石切の古民家でおしゃべり」もあわせてお聞きください。


徳田博丸さんが『徳田博丸の「脚本」教室』を主宰されています。興味がある方は以下のページをご覧下さい。

人と人を繋ぎサポートするコンサルタント。起業家・インタビュアー・メンター・作家・研修講師・和太鼓奏者。株式会社ジョブウェブ 創業者・代表取締役会長

人がいいね!と言っています。
舟木 将人
池田信人
ゴジラ
田村祐一
世界を知る。世界が動き始める。日本の製造業のリアルを、体感できます。TOYOTA×HITACHI
コメント
TAKAO

自分もがんばろう!という気持ちになりました。求められるレベルがいきなり上がり、しかも一段ずつ階段が用意されていない状況は、本当に大変ですが、人生のチャンスと捉え、自分を信じてやり続ける大切さを再認識しました。また、そのチャンスを作り出せるかどうかは、周りの環境で決まるわけではなく、自分のビジョンや目標設定次第だと感じました。とても勉強になりました。ありがとうございます。

2016/02/07 09:18
よっしー

脚本家の方のインタビュー、初めて聞きました。
たとえ目指してるものが、自分に合わなかっても、思いっきりやった結果、自分の道が開けていくんですね。どの分野のプロフェッショナルでも同じですね!
新喜劇、見に行きたくなりました。
脚本家視点から見れたら、もっと面白そうです!

2016/02/07 09:35
おいちゃん

まさに一流の仕事人という感じで、感動したと共に、働く社会人としてとてもかっこいいと思いました!
印象的だったのは、とにかく目の前のことを一生懸命、死物狂いでやっていたら、気づいたらこんなところまできていたのかという流れです。

周くんも書いていますが、それをなぜできる人とできない人がいるのか、そこにはどんな違いがあるのか気になります。

2016/02/07 11:47
ログインすると、コメントを入力できます
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!