カテゴリー
ニュース

トヨタ自動車は、なぜジョブウェブを新卒採用のパートナーとして選んだのか?【Customer Voice】

学生と本気でぶつかる採用活動。学生を一番に考えるジョブウェブだから一緒にできると感じた。

2017年度、新卒採用。ジョブウェブはトヨタ自動車、新卒採用のパートナーとして、オリジナルセミナーの企画推進、採用パンフレットの刷新などをご支援させていただきました。

実際のトヨタ自動車の仕事をイメージしたワークに取り組んでいただきながら、仕事に対する理解度を深めるトヨタの仕事理解ワークショップ『TOYOTA Global Impact』。また、「世界というフィールドで勝負するということ」「世代と世代を繋ぎ、志を継承していく国づくり」など毎回違うテーマで語り合うキャリアトークセッションを開催。トヨタ自動車が本当に伝えたかったことを凝縮し一新した採用パンフレットを携え、日本各地で学生と向き合っています。

トヨタ自動車 新卒採用リーダーの川下さんは「格好つけてばかりで、本当に伝えたい部分が伝えられていないのでは?」と、トヨタ自動車が持つ熱い部分を学生に伝えられていない課題を認識されていました。学生と全力でぶつかり合いができる場を作りたい。そんな想いを実現し、1つ上のステージの採用活動を構築しています。

なぜ、トヨタ自動車はジョブウェブを新卒採用のパートナーとして選んだのか。

その理由を、トヨタ自動車 新卒採用リーダーの川下さんにお伺いしました。22分間の音声データです。通勤や移動の際など、お手すきの際にお聞きいただければと思います。
トヨタ自動車はなぜジョブウェブを新卒採用のパートナーとして選んだのか(音声データ 2016/4/12取材)

プロフィール

トヨタ自動車株式会社 新卒採用リーダー 川下俊輔さん
2000年3月慶應義塾大学商学部卒。2000年4月トヨタ自動車株式会社入社。2013年12月まで、調達本部で部品・資材調達業務を担当。その間に2回の中国赴任を経験し人生最大の修羅場を経験する。2014年1月より人事本部への想定外の異動により、現在は新卒・中途採用全般を担当。好きな格言に吉田松陰の「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ『大和魂』」を掲げ「世代と世代を繋ぎ、志を継承していく国づくり」を目指し人材育成・採用活動に取り組み中。

株式会社ジョブウェブ 代表取締役  佐藤孝治
1972年東京都生まれ 早稲田大学社会科学部卒。就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。97年7月、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。99年10月、ジョブウェブを法人化。現在、株式会社ジョブウェブ会長として講演や勉強会などに全国を飛び回っている。学生の就職支援と企業の採用支援を通じて学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。好きな格言は「思い立ったが吉日」。著書に「内定の原則」「<就活>廃止論」がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です