ログイン
ログインするとより便利に!
お持ちのアカウントでログイン
会員登録がお済みでない方はこちらから
ログイン
友達にメッセージを送ろう
メッセージ
就活コラム
2015年1月20日 企業が求める人材とは、どんなひと?

企業が求める人材とは?

20090920_14_komorebi_w1600

あなたはこの問いに答えられるだろうか。学生の就職活動は、裏を返すと企業の採用活動である。企業がどのような人材を採用したいのか?を知っておくことは就職活動に臨む上で目的意識を育むことにつながる。

企業は活躍できる人が採用したい

私は大企業から創業間もないベンチャー企業まで、様々な採用プロジェクトに関わっているが、企業毎に求める人材像には細部で違いがあるが、「入社後に活躍してくれる人」を採用したいと考えているのはどの企業でも共通している。

「活躍する」という言葉が少し曖昧なので、もう少し明確にしておこう。皆さんご存じのように、企業は利益をあげるために存在している。だから、企業で「活躍できる人」とは「利益をあげるために貢献できる人」ということになる。会社が利益をあげるために行う活動を大きく分けると次の4つに整理できる。

1.売れる商品やサービスを作る
2.売り上げを増やす
3.コストを削減する
4.資産を運用する
 
この4つのどこかで貢献できる人が、企業で「活躍できる人」なのだ。まとめると、企業が採用したいと思う人は「入社してから活躍できる人」=「会社の利益に貢献できる人」ということになる。

企業が求める人材は「自分で考えて行動できる人」

「入社してから活躍できる人」すなわち「会社の利益に貢献できる人」は具体的にどんな人なのだろうか。

それが分かれば就職活動で成功するためにポイントが見えてくるはずだ。この問いの答えは企業の採用ホームページなどに掲載されている「当社が求める人材」を見ていくと分かる。

「自分で考え、しっかりと行動できる人」(三井物産)
「課題形成・解決能力と対人関係能力」(日本航空)
「自ら考えて行動できる人」(旭化成)
「自分自身で常に高い意欲をもち、自ら仕事を創出し、その仕事に対して問題発見型の思考特性で考え判断できる自律型人材」(資生堂)
「自分で考え行動する個性豊かな人材」(東京海上)
「指示を待つことなく、自分から何かを創り出していける方。また、自らを向上させていこうとする意欲・姿勢をもった方」(日本IBM)

どうだろうか。一読してかなりの共通性があることに気がつくだろう。色々な言い方があるが、まとめてみれば、企業が求める人材は「自分で考えて行動できる人」なのだ。


仕事人としての即戦力性は「自分でものを考えられる力」

企業が求める人材は「自分で考えて行動できる人」だということが、企業の採用ホームページから見えてきたが、実際に採用人事を担当している方に新卒でも経験者でも共通して求める最も重要な資質について話を聞いてみた(この話は求める人材の本質なので、就職氷河期の厳選採用時代の今もこの考え方は変わっていない)。


人事:
「当社に限りませんが、企業が変化を求められるスピードが速くなって、企業もなんとか変わらなくてはなりません。常にチャレンジを繰り返さないと淘汰されてしまう時代です。その中で求める学生像というものも変化しています。かなり長期的に人を採用して、その中で振り分けてという従来の雇用のスタイルから、どの企業も即戦力ということが求められてきているのではないでしょうか。

ただ、即戦力という言葉に気をつけてほしいのですが、よく言われるような「新卒はポテンシャル、経験者は即戦力」というような意味での即戦力ではないのです。会計ができるとか、C言語が書けるとか、そういうスキルベースの話ではない。「仕事人としての即戦力性」とでも言うのでしょうか、新卒だろうが、第二新卒であろうが、経験者であろうが共通して求められる即戦力性なのです。

それはどんなものかというと、具体的なスキルではなくて、「自分でものを考えられる力、自律性」ですね。重要な決断に際しても、自分でリスクを取って道を選べる人というのがポイントです。大学での学生達の行動の中にも、そういうものが見えている人を採りたい。

会社に入ると、自分で決断しなければならないタイミングがたくさんあります。自分の判断ひとつで大変なことになるという場面がたくさんあります。「ここは会社任せでいいや」とか「部長がこう言ったから」といった話で行動されては困るのです。」


この話のなかでポイントになるのは、「仕事人としての即戦力性」という部分だ。これまで「即戦力」というと、どうしてもある種のスキル、専門分野の知識、業務経験といったものが想定されていた。しかし、ここで言う「仕事人としての即戦力性」という概念は全く違う。新卒でも経験者でも共通して重要な資質が「自分でものを考えられる力」だというのである。

自分自身の「行動原則」があるかないかで判断できる

さらに、「自分でものを考えられる力、自律性」を企業はどのように判断しているのかを同じ人事担当者に聞いてみた。


人事:
「どうやってその資質を発見するかというと、それは比較的簡単です。その人の中に自分自身の「行動原則」があるかないか。そこを見るのです。行動原則のない人というのは、目の前に現れるさまざまなものに手を出す。そして仮に失敗しても、行動に原則がないから何を修正すべきなのかわからない。なので、同じ間違いをまた繰り返します。経験に学ぶことができないので成長しません。

それに対して行動原則のある人は、たとえ失敗しても、そのたびに経験に学んで原則を修正する。そのため行動原則がどんどん成功できるモデルに高まっていきます。こういう人は必ず成長する。別にその原則は間違っていても構わない。

大事なのは自分の行動軸があるかどうか。それに基づいて行動している人ならば、間違いはとてもいい経験になるのです。学生の中にも表面だけみたら成功している人はたくさんいます。例えば体育会で何かの大会で優勝したとか、サークルでイベントを成功させたとか。それは話だけ聞くとすごいことのように見えますが、企業にとって大事なのは、その成功が企業の中で再現できるものであるかどうかです。

その判断のポイントはやはり行動原則の有無にあります。

その人が自分の行動原則に沿って動いた結果、その成功がもたらされたのであれば、企業に入っても同じ成功が再現できる可能性は高いといえます。自分の中に成功を導く「黄金法則」のようなものを持っている人ですね。

それに対して、成功はしていても、そこに何らかの行動原則が感じられない場合、その成功は偶然か、自分の実力以外の他の要素が原因になっているのではないかと考えるのが自然です。

人事担当者としては偶然性を排除しないと、人を採用する際のリスクになります。その判断ポイントは「自分のルール」を持っているかどうか。「自分のルール」をしっかりと持っていれば、成功の再現性は高いと判断してほぼ間違いないのです。」


「行動原則」、「黄金法律」、「自分のルール」、これこそが「自分でものを考えられる力」の意味であり、企業が求める「仕事人としての即戦力性」に他ならない。

試験を切り抜けるため、バイト先の売り上げを伸ばすために、どのような戦略で対応したのか。そしてそれらの結果はどうだったのか。自分のやり方は通用したのか。通用しなかったとしたら、その原因は何なのか。人事担当者はそういった点を面接で聞いていく。

企業が新卒の学生を判断しているポイントは、成功を導く自分独自の戦い方を持っていることなのだ。


就職活動で成功する人はどんな人か

就職活動で成功する人は、学生時代に一生懸命に頑張ったことがある人だ。アルバイトやサークルなどの課外活動などで、自分が立てた目標をやり遂げた経験がある人に企業からの内定が集中している。

逆に、学生時代に何もせず、何となく過ごしてきた人は苦労している。実際、エントリーシートや面接において聞かれるのは「学生時代に一生懸命頑張ったことは?」という質問が一番多い。


(佐藤孝治)

ご案内

募集を探す
募集を探す
就活セミナーや会社説明会といった就活生向けの募集はもちろん、学年不問で参加できる海外インターンや長期有給インターンなどのスキルアップをする機会が豊富にあります。

業界研究
業界研究
就活生の多くが「やっていない」ことで、内定する人の多くが「やっている」こと。それが業界研究です。まずは興味のある業界のことを調べてみましょう。

選考対策
選考対策
大学受験と同じように就活においても対策できることはたくさんあります。エントリーシート選考や筆記試験。そして面接。自分に必要な対策を知り、選考に備えましょう。

就職ノウハウ
就職ノウハウ
自己分析や就活マナー、OB・OG訪問に代表される就活ノウハウに加えて、長期的なキャリア形成に関する情報や、ビジネスにも役立てることができる会計や法律の知識を含めた就職ノウハウを学びましょう。

企業研究
企業研究
志望している企業がある。興味がある企業がある。いろんな企業のことを知りたい。そう考える人に向けた企業の情報。それが企業研究です。

仕事研究
仕事研究
「就社」じゃなくて「就職」したい。自分が活躍できる仕事に就きたい。そう考える人に向けた仕事の情報。それが仕事研究です。

特集
特集
「素朴な疑問」「専門用語」「グローバル」「起業」「お金の話」「他の学生が何を考えているのか?」などの、多くの人が気になるテーマを特集しました。

コラムまとめページ
ジョブウェブ社員が作成しているコラム全てをまとめたページです。全てのコラムは3分もあれば読める分量となっています。通学時やお昼休みなど、ちょっとした空き時間に気軽にご覧ください。

「就活準備」コラムまとめページ
今回ご覧頂いた「就活準備」に関するコラムだけをまとめたページです。

就活攻略
博報堂、P&G、三菱商事、マッキンゼー、リクルート、トヨタなどの人気企業200社以上の内定者によ る内定獲得までのストーリーを公開しています。インターン選考情報から、エントリーシート情報、選考情報までが網羅されています。「就活攻略」は会員限定 の情報が多く含まれるため、事前の会員登録をお勧めします。

人がいいね!と言っています。
あわせて読みたい
 
この著者の新着記事
コメント
コメントはまだありません。

ログインするとコメントを入力できます。
ジョブウェブに会員登録すると、コメントを入力できます。
人気企業に通過したESが見られる就活攻略など、 会員限定のサービスが満載です!

TOPへ